懐石料理、会席料理

どちらも「かいせきりょうり」という同じ呼び名のため、現代では混同されていますが、もともと懐石料理は茶道の形式にのっとった、お茶を楽しむための料理です。会席料理は酒を楽しむための料理です。いずれも、前菜、煮物、焼き物、吸い物、ご飯、菓子などが少量ずつ順次提供されます。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://kenou-blog.jp/trackback.php/xuansang/3862