先週のWIN5回顧

今日も、恒例のWIN5回顧を行います。
ここのところ、ずっと、WIN5の売上金が
10億円に届かない週が続いています。

こんな調子でフェブラリーステークス開催週には、
10億円を突破するのでしょうか。

今週は、単勝人気順でいうと、
4-1-9-2-4番人気という形で決まりました。

単勝オッズでいうと、
9.9-2.7-32.4-4.4-9.5倍となりました。

単純に、単勝転がしをした場合、362万円のところ、
確定払い戻しは、1992万円だったので、やはり今週
もWIN5の配当はおいしかったと言えそうです。

では、要因分析に入っていきたいと思います。
まず、要因となったのではないかと想像される候補は、

9番人気のホットチリペッパー、こちらは、レース単独
での単勝支持率は、2.47%のところ、WIN2を果たした

方のうち、ホットチリペッパーを指名できた人は、わずか、
1.54%でしたので、予想通り、ホットチリペッパーは、
WIN5の配当高化に貢献していたようです。

次に、ダノンカモンにやや偏った票が入ったのではない
かと予想される根岸のシルクフォーチュンです。

この馬のレース単独での単勝支持率は、8.42%のところ、
WIN4を果たした方のうち、シルクフォーチュンを指名してい

た人の割合は、8.95%、ここは以外にも、WIN5を的中し
た人はうまくシルクを指名しており、配当高化に貢献してい
ないという結果となりました。

やはり、WIN5を当てる人はさすがというところです。
では、第三の候補、1レース目のトパンガを分析してみます。

この馬のレース単独での単勝支持率は、8.1%のところ、
WIN5購入者のうち、トパンガを指名していた方の割合は、

6.25%でしたので、この馬は、WIN5の配当高化に貢献し
ていたようです。

では次もチャレンジしたいと思います。

1月29日のWIN5予想

WIN5対象レースの推奨馬です。

WIN1
京都10レース 

5番ウォークラウン
6番ロードオブザリング
9番タニノエポット

復調した6番が得意の京都コースで必勝態勢。
現級の実力馬5番、9番が逆転候補。

━━━━━━━━━━━━━━━

WIN2
東京10レース

 2番ミヤビファルネーゼ
 4番ミカエルビスティー
 8番ドリームカトラス
 9番シルクアーネスト
11番サザンスターディ

上位混戦で手広くボックスで勝負。
絞るなら内枠の2番4番が狙い目。

━━━━━━━━━━━━━━━

WIN3
小倉11レース 紫川特別

 3番グッドルッキング
 8番メイショウツガル
11番ヤマニンボンプアン

近走好調な3頭で勝負も小倉コース3連対の3番が押し切るか?

━━━━━━━━━━━━━━━━

WIN4
京都11レース 京都牝馬S

 4番ショウリュウムーン
 5番コスモネモシン
11番アスカトップレディ

京都コース得意の4番、11番が本線。
愛知杯3着の5番も斤量減でチャンス。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

WIN5 
東京11レース 根岸S

2番サクラシャイニー
4番トウショウカズン
5番ダノンカモン
8番ヒラボクワイルド
9番シルクフォーチュン

順当ならJCダート5着のダノンカモンで仕方ない。
3連勝の2番と2連勝中の4番は押さえたい。


「ウマセン」が根岸Sの買い目を公開するモニターを
募集しています。
※人数限定なのでお早めに!

先週のWIN5回顧 1月22日

それでは、先週のWIN5回顧を行いたいと思います。
今週は久しぶりに大きな配当が出ました。

単勝人気順でいうと、2-5-8-1-10番人気
で決まりました。

単勝オッズでいうと、
4.1-15.4-22.4-1.4-56.4倍
となりました。

単純に単勝転がしをしたならば、1116万円のところ、
WIN5の配当は、3815万円を超えたので、やはり、今週も

WIN5の配当はおいしかったと言えます。
今日は、おいしさの要因となったと想像される馬が3頭いますので、

それぞれ詳細に見ていきたいと思います。
まずは、平安ステークスのヒラボクキングです。

この馬のレース単独での単勝支持率は1.42%のところ、
WIN4を達成した人のうち、ヒラボクを指名していた人の割合は、

1.1%ですので、おいしさの要因になったと言えそうです。
次に、小倉メインのヒットザターゲットですが、この馬のレース

単独での単勝支持率は3.57%のところ、WIN2を達成した人のうち、
ヒットザターゲットを指名していた人の割合は、3.7%と、この馬は、

おいしさの要因になっていない、逆に、WIN5の方が当てている人が多い
という結果になっていることが分かりました。

最後に、京都10レースのメモリアルイヤーですが、この馬のレース
単独での単勝支持率は5.19%のところ、WIN1を達成した人のうち、

メモリアルイヤーを指名していた方の割合は、4.1%しかいなかった
ので、この馬は、おいしさの要因になっていることが分かりました。

ヒットザターゲットとメモリアルイヤーの2頭にどういう
差があるのか、私の分析では分かりませんでした。

1月22日WIN5無料予想です。

WIN5対象レースの推奨馬です。

WIN1
中山10レース 若潮賞

 2番カグニザント
 4番シャイニーアンサー
11番コスモソーンパーク
14番マイヨール

上位混戦ボックスで。


WIN2
京都10レース 伏見S

 5番タガノラヴァキセキ
 8番シャイニーホーク
15番キングレオポルド

前走で好走した3頭がここも有望。
絞るなら京都コース2勝の5番で。


WIN3
小倉11レース 

6番マルカボルト
7番リフトザウイング

実力馬2頭の一騎打ち。


WIN4
中山11レース AJCC

3番ルーラーシップ

昨年は重賞2勝、有馬4着の実績。
相手に恵まれ堅軸。


WIN5 
京都11レース 平安S

15番エスポワールシチー

58キロを背負っても実績最上位。
このメンバーでは負けない。

恒例のWIN5回顧を行います。

恒例のWIN5回顧を行います。

今週は、すごく人気サイドで決まりましたね。
単勝人気順でいうと、
1-1-1-2-1番人気となりました。

単勝オッズでは、
3.5倍-1.4倍-3.0倍-4.5倍-1.6倍
でした。

単純に、100円を転がせば、10,584円のところ、
WIN5の配当は、14,600円とやはり、おいしい配当になりました。


今週の場合は、おししさの要因は、控除率の差で説明が付く範囲
無いですので、詳細な分析は省略いたします。


それより、今年最初の中山・京都開催は、例年より1日少なく
なっていますので、来週が最終週ということになるんですね。


京都開催はあと8日続きますが、中山に関しては、来週を除くと、
次は、2月25日まで開催がありません。


今週は、ざっと見て、堅い決着が多かったという印象を受けましたが、
来週は開催最終週ということで、中山巧者が究極の仕上げて、賞金を


取りに来るという可能性もあり、荒れることを期待したいです。
重賞に関しても、先週は、京成杯、日経新春杯ともに、堅い決着で


したがって、今週の平安ステークスなどは、荒れる可能性を感じます。
最後に、独り言になりますが、1月14日に大和ステークスに出走していた


8歳馬クリーンは、今週の平安ステークスにも登録があります。大和
ステークスに出てきた時の馬体重はなんと、半年の休養明けで、


プラス24キロの628キロ。これは自己最高の体重だったようです。
480キロぐらいがサラブレッドの平均体重であるとすれば、


その1.3倍。人間でいう平均体重が65キロとすれば、その1.3倍
は、84.5キロ。こう書いてみると、人間の例でいうと、凄くびっくり


するという体重でもないですね。しかし、サラブレッドに限れば、
ヒシアケボノでも、580キロでしたので、600キロというのは


クリーン以外に聞いたことがありません。人間で例えるなら、100キロ
は軽く超えているのか?というイメージでしたが、そこまで、凄いことは
なかったんです。

1月15日WIN5予想結果

残念!
小倉11レースでしくじってしまいました。

WIN1
中山10レース 1番アカンサス 1着

WIN2
京都10レース 2番サウンドオブハート 1着

WIN3
小倉11レース ハズレ

WIN4
中山11レース 8番ベストディール  1着

WIN5 
京都11レース 3番トゥザグローリー 1着

1月15日のWIN5予想です。

WIN5対象レースの推奨馬です。

WIN1
中山10レース 初富士S

 1番アカンサス
14番エチゴイチエ

降級2戦目の2番と昇級馬14番の一騎打ちも
オークス、秋華賞まで進んだ1番が優勢。


WIN2
京都10レース 紅梅S

2番サウンドオブハート

阪神JFで3着好走。牝馬限定戦なら能力が抜けている。


WIN3
小倉11レース 門司S

 2番タガノジンガロ
14番ジョーメテオ

長休明けになるが準オープンなら負けれない。
前走2着した14番が逆転候補。


WIN4
中山11レース 京成杯

5番レッドシャンクス
7番アドマイヤブルー
8番ベストディール

朝日杯2着馬がいるが使い詰めで見送る。
横山・後藤・蛯名の有力騎手が乗る3頭で狙ってみたい。


WIN5 
京都11レース 日経新春杯

3番トゥザグローリー

酷量背負うが有馬記念3着の実力を見せる。
ここは負けれないレース。


ギャンブルで勝てないと嘆いている人、
何とかして競馬で勝ちたいと考えている人は一見の価値ありです!

基本的には無料で利用できるので、
悩んだり疑ったりする前にとにかく始めてみる事をオススメします!
↓ ↓ ↓
無料登録はこちら

1月8日のWIN5回顧

1月8日の日曜日に、今年2度目のWIN5が行われました。
単勝人気順でいうと、1-2-11-1-2番人気で決まり、
11番人気を除けば、簡単と言える順番です。


単勝オッズでいうと、
2.0倍-3.8倍-61.1倍-2.3倍-4.0倍
となり、単勝100円を単純に転がしたとすれば、
42万7千円のところ、WIN5配当は、122万円でしたので、
今回もWIN5の配当はおいしかったと言えると思います。


今回の場合、要因分析の対象となるのは、11番人気の
1頭だけですね。この馬のレース単独での単勝支持率は、
1.3%のところ、WIN2まで来たかたのうち、


スイートマトルーフを指名していた人の割合は、0.9%
しかいませんでしたので、やはり、11倍人気の
スイートマトルーフは、おいしさの要因になったと言えます。


これ以外の部分は控除率の違いで説明がつくと思われます。
それよりも、気になるのが、売上高ですね。秋のG1シリーズが
終了し、正月の変則開催とは言え、1月5日のWIN5売上が、


7億6200万円ぐらい、1月8日のWIN5売上が、8億9600万円
ぐらいという風に、10億円に届いていません。なんとか、
中央競馬全体の売上が上昇し、全体として盛り上がってくれると


よいと思うのですが、今の不況ですから、それぞれの方の
余裕もなくなってきているのでしょうか。

WIN5無料予想1月8日

WIN5対象レースの推奨馬です。

WIN1
京都9レース 許波多特

2番ロードオブザリング

前走で復調気配を見せた。叩き3戦目でここは必勝態勢。


WIN2
中山10レース 迎春S

 1番コスモロビン
 5番コスモラピュタ
11番メイショウドンタク
12番フェニコーン

1000万を2戦でクリアした1番が本格化か?
2番も好調キープ。
11番12番は相手なりに走るが勝ちきるまではどうか?


WIN3
京都10レース 寿S

 4番アナバティック
 5番マルカボルト
11番タガノエルシコ

昇級戦で2着した4番と準オープンの常連11番が本線。
穴は休み明け降級の5番の一発。


WIN4
中山11レース ジャニアリーS

5番ティアップワイルド

1点勝負!
ダート1200mは連対率100%。
トップハンデだがこのメンバーでは実力が抜けている。


WIN5 
京都11レース シンザン記念

 9番オリービン 
11番トウケイヘイロー

2頭一騎打ち。
9番は複勝率100%、11番は朝日杯4着の実績。

WIN5無料予想 1月5日

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

1月5日のWIN5対象レースの推奨馬です。

WIN1
京都9レース 初夢S

14番サイオン
16番シルクシュナイダー

ここはメンバーに恵まれ2頭一騎打ちの様相。
昇級初戦でも近走崩れていない16番が本線。


WIN2
中山10レース 初日の出S

 3番ノボレインボー
 5番デイトユアドリーム
15番エーシンリードオー

5番主軸も3番15番もデキに差は無く三つ巴戦。


WIN3
京都10レース 万葉S

 2番トウカイトリック
 7番ピエナファンタスト
10番モンテクリスエス

3000mの長距離戦なら2番、10番で堅い。
押さえは武豊の軽ハンデ7番か。


WIN4
中山11レース 中山金杯

 3番エオリアンハープ
 9番デストラメンテ
10番イケドラゴン
11番ダイワファルコン
12番フェデラリスト
13番エクスぺディション

ここは混戦で軽ハンデ馬3番9番10番と実力馬3頭を押さえておきたい。


WIN5 
京都11レース 京都金杯

10番サダムパテック

実力上位の10番1点勝負でOK。
メンバー的にも負けられない。