27日の単複勝負馬券です。

1頭目は、小倉4レースの4番ハリウッドスターです。
この馬、対戦マイニングが1位でぼくのソフトでの指数

も1位です。11頭立の4番枠で、力量を考慮すると、
悪くても3着は確保すると見ます。


2頭目は、京都7レースの15番スピルオーバーです。
京都ダート1400は、外枠の馬が芝の部分を通る距離が

ながく、有利で、最初のカーブまでも比較的長いので、
前につけられるこの馬ならさほど不利も受けないと考え
られ、悪くても複勝圏は確保すると見ます。


最後が、東京9レースの1番アドマイヤセプターです。
前も惜しい競馬でありましたが、今回はメンディザバル
を確保して必勝を期していると思われます。

ただ、ここは、1000万クラスとは言え、将来、オープン
まで出世するだろうと目されている馬が複数おり、
複勝オッズは最低でも130円は付いてほしいところです。

26日の単複勝負馬券です。

1頭目は、東京2レースの15番シルクダヴィンチです。
マイニング1位は初芝の5番ラパージュのところ、この馬
はマイニング2位かつ、ぼくのソフトの指数は1位です。

最近、勝ち負けできている馬が少ない今回のメンバーであれば、
なんとか差し届くのではないかとみています。

明日は、雨ということもなさそうですので、乾いたダート
突っ込んでくることを期待します。


2頭目は、京都7レースの4番レディームスタングとします。
7頭立のここは、複勝とは言え、2着以内に入らないと的中

とはなりませんが、長期休養明けをひとたたきされ、岩田の
連続騎乗とくれば、勝ちに来ていると見て大丈夫だと思います。
悪くても、2着は外さないと見ます。


最後は、東京9レースの8番ミルキーブロートとします。
マイニングは9位ですし、既に500万クラスでそこそこの
結果を出している馬が、数頭いるので、おそらく、1番人気
にはならないでしょう。

ただ、前の未勝利で下したカリスマアキラは次の未勝利を楽勝
しており、この馬の前走はレベルが高かった可能性があります。

その馬に楽勝しているこの馬は、500万クラスで十分やれると
見て、さほど人気も出ないであろう今回、複勝で狙う馬とします。

20日の単複勝負馬券です。

1頭目は、東京1レースの9番コスモマイギフトです。
過去2走とも、2着と惜しい競馬ですが、ここは、他のメンバーが
弱く、勝利の順番が回ってきたという感じです。


2頭目は、新潟8レースの8番ネイヴルトです。
この馬も過去2走とも新潟ダート1200Mで2着している馬です。
勝つかどうかは微妙でも、複勝圏は外さないと見ています。


最後が、東京8レースの3番リンガスクリフです。
ずっと1番人気に押されながら勝ちきれていませんが、それでも、
4着、2着と大きく崩れない結果を残しています。この馬も
マイニング1位かつ、ぼくのソフトでの指数も1位です。
前目に付けられる脚質でもあり、複勝圏は外さないと見ます。

19日の単複勝負馬券です。

19日の単複勝負馬券です。


1頭目は、新潟4レースの14番マイネルドラガンです。
ここは18頭立の直線1000M、8番カルナヴァレには
前走で負けているので1番人気にはならないでしょう。

マイニング順位も、やはり、カルナヴァレに次ぐ、2位です。
しかしながら、ローテーション的にカルナヴァレは下降線に
入ってもおかしくない時期であり、オッズ妙味も含めて、

マイネルドラガンを複勝軸で狙います。枠順も前走とはほぼ
逆になっており、今回は逆転もあると見ています。


2頭目は、東京6レースの7番ローレルキングダムです。
10頭立てと少頭数でもあり、前走ダート2100Mでも
2着しています。

マイニング順位こそ4位ですが、ぼくのソフトの指数は
1位であり、複勝圏は確保してくれると見ています。


3頭目は、京都10レースのギュスターヴクライです。
この馬は前も狙いましたね。近走4走連続3着、しかも
今回はデムーロを確保して確勝を期していると見ました。

マイニング順位こそ2位ですが、ぼくのソフトでの指数は
1位であり、1000万クラスとしてはよいメンバーが
そろったここでも、複勝圏は確保してくれると見ます。

6日の単複勝負馬券です。

1頭目は、新潟2レースの2番シンクオブミーです。
今回のメンバーで500万クラスで2走連続して馬券
に絡んでいるのはこの馬だけです。対戦マイニングが
1位かつぼくのソフトでの指数も1位です。

9頭立てと手ごろな頭数で、差し・追い込み脚質の
この馬でも進路を見つけて、悪くても、複勝圏には
来ると見ています。


2頭目は、東京4レースの8番ニシノボレロです。
この馬は3回走って3回とも2着になっているという
安定株です。対戦マイニングが1位で、ぼくのソフト
での指数も1位です。

14頭とやや頭数の多い1戦になりますが、前目に
つけられる脚質でもあり、騎手も横山典で、悪くても、
複勝圏は確保してくれると見ています。


3頭目は、東京10レースの3番インペリアルマーチです。
騎手は、今日のファンタジーステークスでJRA初勝利を挙げた
メンディザバルです。気持ちも軽くなったことでしょう。

インペリアルマーチも1600万クラスでの安定株であり、
ここでもやはり、複勝圏という視点では、最も頼りにできる
存在と見ます。対戦マイニングは1600万クラスを勝って

いるトウショウカズンに劣りますが、複勝圏は確保してくれ
ると見ています。

5日の単複勝負馬券です。

1頭目は、新潟4レースの2番キクノフェーデです。
この馬は、対戦マイニングが1位、かつぼくのソフト
での指数もダントツ1位という馬になります。

新潟での中舘騎手というのもよく、前目に付けられる
脚質もよいです。降級4戦目でもあり、そろそろ勝って

もおかしくないタイミングです。
悪くとも、複勝圏は確保すると見ます。


2頭目は、東京7レースの7番クリームソーダです。
この馬、マイニング1位かつ、ぼくのソフトでの
指数もダントツ1位という馬です。

500万クラスも連続2着としています。
8頭立てでもあるし、藤沢厩舎と横山典騎手のコンビ
でもあり、複勝圏内は外さないと見ます。


最後は、新潟11レースの3番マイネルメダリストです。
騎手は丹内とやや不安がありますが、その分、オッズが
着くのであればプラスとも言えます。

3番枠で、前目に付けられるこの馬にとっては、最後の
直線は少し短いというコース設定も味方するのではない
でしょうか?


search this blog.
category
archives
links
others