実機テスト画面も!『シェンムー3』3ヶ月目の開発状況が報告

先日、海外で行われた鈴木裕氏へのインタビューで様々な最新情報が明らかとなった『シェンムー3』ですが、新たに公式サイトにて3ヶ月目の開発状況が報告。現在は本格的なゲーム開発の準備段階として実機テストが行われており、街やゲームフィールドの大きさを調整しているそうです。数枚のスクリーンショットも公開されています(背景および使用素材は全て仮)。


バトルシーンテスト1


バトルシーンテスト2

実機テストができる環境になったことで、開発メンバーも盛り上がっているとのことです。この調子で今後も頑張って欲しいですね。開発報告では海外シェンムーコミュニティによる鈴木裕氏へのインタビュー記事も紹介されているので、ファンはそちらも要チェックです。


会話テストシーン


茅葺の家のテストモデル

なお、ゲームのPS/PC版選択や送付先住所の連絡などに関するアンケートの実施日程は未定となっており、決定次第Kickstarterのアップデートページや本作の公式サイト、公式Twitterにて報告されるとのことです。

『エースコンバット 7』のVRバージョンがPS Experienceに出展決定!―コックピット映す1

PlayStation Experience 2015にて正式発表された人気フライトシューティング最新作『エースコンバット 7(ACE COMBAT 7)』ですが、開発を手がけるPROJECT ACESは近日開催されるPlayStation Experience 2016への出展が決定したことを発表しました。

フォローする
ACE COMBAT @PROJECT_ACES
PlayStation Experience 2016への出展が正式に決まりました。
一年間お待たせいたしました。
皆様へ、エースコンバット7の初めての試遊お披露目となります。
今回、PROJECT ACES が出展するのはVRバージョン特別デモです。#ACECOMBAT pic.twitter.com/Dl6GRMbWJj
2016年11月29日 13:05
4,390 4,390件のリツイート 2,691 いいね2,691件

『エースコンバット 7』初の試遊お披露目となる今回は、VRバージョン特別デモの出展とのことで、多くのファンの注目を集めそうです。なお、作り込まれたコックピットの中が確認できる1枚のイメージも公開されています(サイズは小さいですが…)。

マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、予約終了

1月23日の開店早々から、アクセス過多により利用困難な状態が続いていた「マイニンテンドーストア」。同日の22時40分頃、エラー発生ページの告知分が以下の内容にアップデートされていることが分かりました。

“アクセス集中によりご迷惑をおかけし、申し訳ありません。
発売日お届け分の「Nintendo Switchカスタマイズ本体」の予約受け付けは終了しました。
今後の予約再開時期については、後日ご案内します。”

「マイニンテンドーストア」では、ジョイコンやストラップの色を自由に選んで予約が可能でしたが、それらカスタマイズ本体の発売日発送分は、大部分のユーザーがストアにアクセスできないまま完売してしまった模様。購入を逃してしまった方は、今後の予約再開の発表を待つしかなさそうです。

『The Order: 1886』スタジオの新作『De-formers』発表!―むにゅむにゅ球体ゲー

先日に新作タイトル発表を予告していた『The Order: 1886』のデベロッパーReady at Dawnですが、同スタジオはPC/PS4/Xbox Oneを対象に、コミカルなアリーナコンバットゲーム『De-formers』を発表しました。発表によると本作は「Forms」と呼ばれる球体型のキャラクターを操作して対戦する最大8人対応のマルチプレイゲームで、ジャンプ、ダッシュ、投げといったアビリティを駆使し、ステージ上から相手を落とすことが目的のルールを導入。販売はアメリカのゲーム小売大手GameStop販売レーベルの「GameTrust」がパブリッシュを担当します。尚、発売日は未発表のため、続報を待ちましょう。

ゲームシステム

ベストエンディングの達成条件は思いのほか複雑で、重要な人物を救出し忘れていたり、特定の人物と遭遇せずにフラグを立て忘れたりと、初見で全てをクリアするのは難しいかもしれません。真の結末を知らずに長年を過ごした筆者のようなファンも多いのではないでしょうか。

ストーリーはまだまだ続き、余るほどもらえる金貨で自艦を大量強化

この後、第1章のストーリーは、アフリカ東海岸、喜望峰、アフリカ西海岸と進んで行き、喜望峰では戦艦クイーンエリザベス号も登場。ストーリーは第2章、第3章と続き、展開を楽しみながら自軍を強化していくことになります。注意点としては、入手した図面は1枚に対して1隻のみ製造ができるということ。図面があるからといって素材があれば無限に製造できるシステムではありません。また、ストーリーを進めると説明が入りますが、補給やログインボーナスで金貨などが大量に入手できます。相当使い込んでも余る程度に金貨はもらえるため、気にせず強化してしまっても問題ないでしょう。

プレイヤーは広大な世界で狩りや収穫

クラフトや研究を行い、シェルターを建設して不安定な天候や危険な野生生物から身を守ります。持続的な生態系の中で陸・海・空・地下をダイナミックに歩きまわる恐竜や原生生物は、手なづけて乗り物としても利用できるそうです。また、詳細なロールプレイングシステムにより、キャラクターを強化してアイテムやスキル、ペットクリーチャーを獲得できるとの事。

GeForce GTX VR Ready」プログラム説明後は

VRゲームの『Bullet Train』『ADR1FT』『Everest VR』の3作品を会場でプレイすることができました。

最初は、Epic Gamesが開発したVRシューティングゲーム『Bullet Train』をOculus Rift DK2で体験。Touchコントローラを使い、立ち上がったままプレイしますが、歩き回ることはできないので主人公の能力でテレポート移動しながら進んでいきます。ゲーム中ではTouchコントローラはプレイヤーの手として表示され、トリガーで射撃、上部のボタンでものをつかみます。

シンプルな新作ストラテジー『DUELYST』のKickstarterが開始、開発陣には『Diablo

本作は100種類以上存在するユニットやスペルを駆使して相手に打ち勝つシンプルなタクティクスゲーム。基本プレイモードは1対1で行われる「Ranked Draft」「Ranked Normal」の二種類で、一試合にかかる時間はおよそ三十分ほどと考えられています。インターフェイスなどにはリソースやスキルと思しきアイコンのみが簡潔に描かれており、ストラテジーゲームの中では比較的カジュアルなゲームデザインになっているようです。

『マリオ』と『No Man's Sky』の世界観が融合したらこうなる?―海外マッシュアップ作品

72時間で開発されたという本作は初代『スーパーマリオブラザーズ』風のステージから始まるものの、途中でマリオが宇宙船に乗って別の星へと旅立つことが可能。別の星ではステージの雰囲気やクリボーの形状も異なっているようです。

戦車や戦闘機など『バトルフィールド1』登場ビークルのルーツを辿る解説映像

Electronic Artsより、『バトルフィールド1(Battlefield 1)』の登場ビークルに焦点を当てた新たな開発映像が披露されました。先日公開された武器解説映像に引き続き、今回は陸を駆ける戦車や装甲車、ドッグファイトを展開する戦闘機や爆撃機、飛行船などをフィーチャーしています。

Electronic Artsは8月に開催される欧州最大規模のゲームイベント「gamescom 2016」で、『バトルフィールド1』ライブ配信「Battlefield Squads」を放送予定。日本時間で8月17日午前4時より始動するこのストリーミングに加え、新たなトレイラー映像と大量の新情報が到着する見込みです。

『ポケモンGO』アップデート実施―ポケモンの強さを評価してくれる機能が実装

ナイアンティックは、iOS/Android向けゲームアプリ『ポケモンGO』のアップデートを実施したと発表しました。

このアップデートで「ポケモンの強さを評価してくれる機能」が実装され、捕まえたポケモンの強さをプレイヤーが所属しているチームリーダー(キャンデラ、ブランシェ、スパーク)が評価してくれるようになります。これにより、評価によってどのポケモンがバトルで活躍するのかを確認できるとのことです。他にも、不正行為(bot)の対策も行われます。詳細は以下を参考にしてください。

【GC 2016】バスティオンの物語を描く『オーバーウォッチ』短編アニメ最新作公開!

先日からの予告通り、『オーバーウォッチ(Overwatch)』短編アニメ最新作「The Last Bastion」が公開されました。今回は長い眠りから覚めた“バスティオン”の物語が描かれています。

ポケモン追跡やポケスト新機能など、注目度高な『ポケモンGO』テスト版イメージ

海外フォーラムNeoGAFユーザーより、『ポケモンGO』米国向けベータテストで実装された新機能を示す複数枚のスクリーンショットがアップロードされました。一部ユーザーからはプレイ映像も披露されています。

本作の舞台となるのは1968年のニューオリンズをモチーフとした架空の都市

。主人公のリンカーン・クレイは、幼いころに両親を失っており、家と居場所を求めていた彼にとって黒人ギャング団が彼の“家族”に近いものだった。ベトナム帰還兵と従軍後、故郷のニューボルドーへ帰還したリンカーンは、悪事に明け暮れた過去と決別すべく新たな道を歩もうとしていたが、彼のファミリーであった黒人ギャング団がイタリアンマフィアの裏切りに遭い、壊滅。なんとか生き残ったクレイだったが、親、兄弟ともいえる存在を失ってしまい、裏切ったマルカーノファミリーへ復讐を誓うのだ。そのためには、敵を倒し街を支配するために、新たなファミリーを築き、頼もしい配下を増やして戦場仕込みの容赦ない攻撃で報復を遂げていくことになる……というのが、本作のストーリーラインとなる。
FinalFantasy11 RMT

て、シリーズプロデューサーである小林裕幸さんと密にやり取りをされると

『Committed RED』インタビュー
 今回のタイトルはまだ遊べていないのですが、幸村や伊達政宗を幼少期から扱うということで、保志さん(声優の保志総一朗さん)しかり、中井さん(声優の中井和哉さん)しかりが、どう表現しているのかは注目だと思います。あとはあの2人がどのくらいから、ああいう風になってしまったのか、気になりますよね。何か転機があったのか……。
――曲作りに際して、シリーズプロデューサーである小林裕幸さんと密にやり取りをされると思うのですが、今回はどのようなやり取りがありましたか?
 もう蜜もクソもないんです、お互いに手の内を知り尽くしているんですよね。今回は『真田幸村伝』の内容や思いについて、聞かせていただきました。
ラテール RMT

[GDC 2016]最初の企画ではターン制のRPGだった。タイトルは山の名前から。「Diablo」2

Game Developers Conference(GDC)の目玉レクチャーと言えば,過去の名作(それほど昔ではない場合もあるが)を取り上げて,当時の開発者に制作の経緯などを語ってもらう“Postmortem”(事後検証)が挙げられる。
 今回のGDC 2016でもいくつか行われていたが,来場者の注目度という点では,やはり最終日(北米時間の2016年3月18日)の最終トラックに行われた「Postmortem: Diablo」に軍配が上がりそうだ。部屋が開く前から長蛇の列ができ,立ち見が出るほどの盛況ぶりは,発売から20周年を迎えた「Diablo」の人気の高さを改めて示している。イルーナ戦記 RMT

多くの同志達が集まったことで,町の発展に微妙な狂いが……

筆者も含め,前回のαテストを経験している人ならば,共通の目的である「町の発展」のために,このβテストで自分が一体何をすればいいかは,ある程度把握できていただろう。クリティカ RMT
 その一方で,今回初めて参加したという人には,この不可解とも思える世界にいきなり入ってきて,何をすべきか掴めないまま3時間を過ごしてしまった人も多かったのではないだろうか。プレイの概要は公式サイトに記されていたものの,すでにゲームをプレイ済みのαテスト参加者とは,ゲームの基本における知識に大きな差があり,それによって一部の人がプレイにストレスを感じてしまう自体が発生し,Twitterのハッシュタグ「#トゥモローチルドレン」でも,そのことについてのつぶやきが散見されていた。

ASUS,薄型筐体のゲーマー向けデスクトップPC「R.O.G. G20」の新製品を発売。Intel

2015年12月18日,ASUSTeK Computerは,ゲーマー向けブランド「R.O.G.」の薄型デスクトップPCであるR.O.G. G20シリーズの新製品計3モデルを12月20日に発売すると発表した。MU RMT
Intel製CPU搭載の2モデルは,CPUを従来機種のHaswell世代から,Skylake世代の「Core i7-6700」に刷新。上位モデル「G20CB-I7G980」は,グラフィックスカードに「GeForce GTX 980」を,下位モデル「G20CB-I7G960」は,「GeForce GTX 960」を採用している。
 AMDプラットフォーム採用の「G20BM-FX770K」は,グラフィックスカードにOEM向けの「Radeon R9 255」を,CPUにはKaveri世代のAPUをベースにしたOEM向けの「FX-770K」を採用している。

「アトリエ クエストボード」でトトリの限定武器などが手に入るキャンペーン実施

「クリスマスキャンペーン」を開催!
『ソフィーのアトリエ』の「プラフタ」が登場
クリスマス限定衣装が当たるガチャや
スタートダッシュキャンペーンも実施
当社は、好評配信中のスマートフォン向けボードゲームRPG『アトリエ クエストボード』につきまして、本日2015年12月11日(金)より、期間限定で「クリスマスキャンペーン」を開始いたしました。ウィザードリィ RMT

 「クリスマスキャンペーン」では、好評発売中の『ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~』(PS4/PS3/PS Vita)で「ソフィー」に錬金術を教える「プラフタ」が、女の子の姿でアーランドの世界にやってきます。
 イベントクエスト内で入手できる特殊アイテムを「プラフタ」に納品すると、「トトリ」の限定武器や豪華報酬を獲得することができます。

「アークサイン」約2年ぶりとなる大型アップデートを本日実装。レベル上限の引き上げのほか,新エリアや傭

ハンビットユビキタスエンターテインメントは,サービス中のMMORPG「アークサイン」において,約2年ぶりとなる大型アップデートを本日(2012年6月20日)実装した。本アップデートでキャラクターのレベル上限が70に引き上げられたほか,新エリア「ハイランダー」や,傭兵「魔功少女★ファニー・イェン」「魔龍皇女☆雨宮ひかり」が追加されている。星界神話 RMT

この先の攻略やボス戦でも使用できる便利なアイテムなので、たくさん作れるように素材は複数ストックしてお

監獄島を脱出した主人公が、複数の島を経て辿り着くのが「茨の島」です。この島は、触れるとダメージを受けてしまう茨があちこちに張り巡らされている危険地帯。そこで便利なクラフトアイテムが「いし」と「いと」から作れる「いしのおの」です。これは一度に複数の茨を切断することができるので、安全に島内を探索することを可能にします。
FF14 RMT
続いて訪れるのが「塔の島」。この島には「いしのハンマー」では壊せない「かたいいし」があり、これを破壊しなければ石像のエリアには辿りつけません。ここで使えるアイテムが「ばくだん」です。「すな」と「せきたん」と「いおう」を組み合わせて作れる「ばくだん」は、設置した場所の周りを一度に爆破可能な優れもの。この先の攻略やボス戦でも使用できる便利なアイテムなので、たくさん作れるように素材は複数ストックしておきたいところです。
リネージュ RMT

スキルや武器カスタマイズを紹介する『The Division』最新プレイ映像!

海外で2016年3月8日に発売予定となっている『Tom Clancy's The Division』の最新コミュニティーQ&A映像が公開されました。今回はキャラクタースキルや武器カスタマイズなどにフォーカスし、それぞれのゲームプレイシーンを披露しています。

スキル
・アンロックしたスキルには永久にアクセス可能。
・同時に2つのスキルを装備可能。
・装備スキルはメニューからいつでも変更できるが、戦闘中の変更はオススメしない。

武器カスタマイズ
・プレイヤーは銃の基礎的なバージョンを持ってスタート。
・ゲームに登場する武器の大半は異なるバージョンが用意されている。
・武器の外観は色や模様を変更するスキンを適用可能。
・マズルやマガジンなどのアタッチメントも用意されている。
テイルズウィーバー RMT
作成できるキャラクター数
・最大で4人のキャラクターを保有可能。
・スタートメニューから使用するキャラクターを選択する。

国内では2016年春に発売が予定されている『The Division』。Game*SparkではE3 2015でのハンズオン、UBIDAY2015でのステージレポ、クリエイティブディレクターであるジュリアン・ギャリティ氏へのインタビューを掲載しているので、そちらも是非ご覧ください。

「Xbox Live ゴールド メンバーシップ」という有料サービスに加入しなければならない事を留意し

もちろんXboxならではの追加コンテンツも存在。『ヘイロー(Halo)』のキャラクタースキンやテクスチャパックを購入して、作品に登場するステージを再現してみるのもいいかも。
ArcheAge RMT
Xbox 360版を所有していればXbox One版を540円(税込)でダウンロード購入できるだけではなく、追加コンテンツやセーブデータも引き継ぎ可能なので、両バージョンを買っておいても損はないでしょう。ただしオンライン協力プレイモードを遊ぶには、「Xbox Live ゴールド メンバーシップ」という有料サービスに加入しなければならない事を留意しておいてください。

『ファイナルファンタジーXV』2016年3月に発売日を含むさまざまな情報を公開する発表会を開催!

現地時間2015年8月29日、アメリカ・シアトルで開催中のイベントPax Primeにて、スクウェア・エニックスから発売予定のプレイステーション4、Xbox One用ソフト『ファイナルファンタジーXV』の最新情報を紹介するWeb番組“アクティブ・タイム・レポート”の公開放送が行われた。

 同番組にて、田畑端ディレクターが『ファイナルファンタジーXV』の発売日が2016年内、加えて、2016年3月に発売日を含む、さまざまな情報を発表する大規模な発表会を開催することを明らかにした。

 “アクティブ・タイム・レポート”の内容については、のちほど追記する。
レッドストーン RMT

「爆買い」帰りに健康診断・・・訪日旅行で新たなブームの兆し!=中国メディア

中国メディア・今日早報は4日、今年の国慶節連休で再び中国人観光客による日本での「爆買い」が取り沙汰されるなか、訪日中国人のあいだで日本での健康診断受診がブームの兆候を見せていると報じた。

 記事はまず、例年の大型連休期間には大勢の大陸観光客で賑わう香港が、今年の国慶節連休では閑古鳥の鳴く「もっともひどいゴールデンウイーク」を経験する羽目になった一方で、日本や韓国にはショッピング目的の中国人観光客が大量に押し寄せ、現地の商店が万全の準備を整えたうえで対応していると紹介した。

 そのうえで、「2年前に起きた韓国での美容整形ブームに続き、最近では日本で健康診断を受けるブームが起きている」とし、「爆買い」した後、さらに日本で健康診断を受けるという現象が発生していると伝えた。

 その背景として、日本政府が2010年、中国を主とするアジアの富裕層をターゲットに、外国人向けの医療ビザ制度を新設、最近では日本各地の観光業者と医療機関がタッグを組み、中国人観光客向けのさまざまな医療ツーリズムプログラムを打ち出していると説明。日本政策投資銀行は「2020年までに健康診断を目的とする訪日中国人数だけでも毎年のべ31万人を超え、潜在的な市場規模は5507億円に達する」との試算を出しているとした。

 また、日本と中国を往復し生活をしている女性が「健康診断にしろ診察にしろ、医師の根気強さや専門性、そして待ち時間といった点で日本と中国の病院の差は大きい」とし、中国では1日かかる各種検査が日本では予約さえしておけば1時間で終わってしまうと説明したことを併せて紹介した。

 記事は、日本の各界が「大量の中国人観光客がやって来ることで、日本の経済発展が後押しされる」と認識しているとしたうえで、今後医療ツーリズムで日本を訪れる中国人観光客が爆発的に増加する可能性がありそうだと展望した。

発売迫る「モノカゲクエスト」,最新ムービーと,“視線避け”が難しそうなダンジョン「一ツ眼の洞窟」の情

ポイソフトは本日(2015年8月22日),同社が8月26日に発売を予定しているニンテンドー3DS用ソフト「モノカゲクエスト」の最新動画および,ダンジョンに関する情報を公開した。動画は,発売を4日後に控えた本作の概要を,軽快なリズムに乗せてざっとチェックできる作りだ。
 さて,“目立つと死んでしまう”という,とてつもないハンディを背負った勇者がコソコソと冒険するモノカゲクエストだが,今回は,入るたびに形を変えるダンジョン「一ツ眼の洞窟」の情報が届いている。
 このダンジョンは入るたびに形を変えるとのことで,特定のフロアを除いて,同じ階層であっても,ダンジョンの構成や形,階段の場所,登場する魔物までがすべて異なるという。“視線”を避けなければならない勇者にとって,かなり困る(用心の必要な)ダンジョンと言えそうだ。

度々、画像だけはご覧頂いていたダンジョンですが、実はこのスクリーンショットは「隻眼の魔術師」が潜む、「一ツ眼の洞窟」のスクリーンショットなんです。

このダンジョンは「入るたびに形を変える」という大きな特徴を持っています。

というのも、隻眼の魔術師は冒険者たちが自分のもとにたどり着かないよう、強大な魔力を用いて「一ツ眼の洞窟」の形を変化させています。

そのため特定のフロアを除けば、たとえ同じ階層であっても、ダンジョンの構成や形、先に進むための階段の場所、登場する魔物、果ては宝箱の位置も中身、すべてが異なります。

つまり「一ツ眼の洞窟」は「何が起きるかわからない」「何があってもおかしくない」ダンジョン。
準備や警戒を怠れば、「目立つ目立たない」にかかわらず冒険者としての『死』が待っているでしょう。

そして当然ながら、「一ツ眼の洞窟」の中には「隻眼の魔術師」退治を目指すという、志を同じくした勇者たちがいたるところに存在します。

もちろん、街の中と同じく彼らの目線に注意を払わねば、呪いで死んでしまうことになり。アヴァベル RMT

マフィア梶田の二次元が来い!:第264回「自由を謳歌するマフィアのアニメ化希望オペレーション」

「うしおととら」が再アニメ化だなんて……発表された当初は夢でも見てるんじゃないかとさえ思いましたが,本当に始まっちゃいましたね。OVAじゃなくて,テレビ放送で最終回まで駆け抜けてくれるのかと思うと今から楽しみでたまりません。
 原作が好き過ぎるだけに正直不安もありましたが,1話を観てかなり安心しました。絵的に雰囲気的にも,まったく魅力が損なわれていなかったので。
 ボリューム的に全エピソードを余すところなくアニメ化するのは不可能ですが,このスタッフならばうまいこと取捨選択してくれるんじゃないかと思わせてくれるできばえでしたね。
 本作がヒットすれば「からくりサーカス」もアニメ化の希望が出てくるんじゃないかと思わずにはいられませんし,夢が広がります。藤田和日郎先生の作品では「うしおととら」と同じくらい好きなんですよ。
 「月光条例」も最近読み終えたばかりなんですが,やはりクライマックスの展開はダイレクトに涙腺を攻めてきました。ホントに盛り上げ上手な作家さんですわ。しかしほかにも「ドラゴンボール超」といい,「おそ松さん」といい,なんか面白い“流れ”がきちゃってますよね?
 これを機に,ちょっと昔の作品がアニメ化されるブームが訪れてくれないでしょうか。読者諸氏の「これがアニメ化されたら嬉しい」という意見も聞いてみたいので,よろしければTwitter(@mafia_kajita)でRTついでに書いてみてくださいな。

 「RADIO 4Gamer Tap(仮)」第15回では,アソビモがオープンβテストを実施している「トーラムオンライン」(iOS / Android)を特集。ゲストとして本作のプロデューサーである鈴木達也氏をお招きし,ゲームの魅力を解説していただきつつ実際にプレイしてきました。イカロス RMT

マルチプレイは1秒間に50回以上プレイされている。モンストのトリビアで盛り上がったステージイベント「

ミクシィは2015年8月2日,スマホ向けアクションRPG「モンスターストライク」(iOS / Android)の単独イベント「モンストフェスティバル2015」を千葉県・幕張メッセで開催し,ステージイベント「モンストリビアの噴水」を行った。
 同コーナーでは,使用キャラクターのランキングやランクカンストプレイヤーの数,最高難度の降臨クエストの詳細など,モンストに関するさまざまなトリビアが紹介された。

 本コーナーはニコニコ生放送されていたので,すでに見た人もいるかもしれないが,本稿では,その中でもとくに気になったトリビアをいくつかピックアップして紹介しよう。


モンストの総マルチプレイ数は“およそ17億回”
 この数字は,2014年6月から2015年6月までの数字となる。1日で換算すると,474万回。1時間では19~20万回。1分間だと3300回,1秒間では50回以上プレイされている計算になるという。イルーナ戦記 RMT
降臨クエストの中で最も難しいのは“戦場に咲き誇る真紅の華”
 このトリビアには,ゲスト陣も「分かる分かる!」と納得の様子。ちなみにこの結果は,ノーコンテニューのクリア率から難しいクエストの順位を算出したものだ。その中で,プレイヤーがもっとも負ける確立が高いフェーズは,ボスの第1フェーズとのこと。2番目にノーコンクリア率が低いクエストは「赤い凶星の暗殺者(究極)」で,3番目は「御用!十手に染みる男の涙(究極)」となっている。

PS4版『トロピコ5』無料デモ配信がスタート!プレゼント企画やDLCリリース情報も

スクウェア・エニックスは、独裁国家運営シムのPS4版『トロピコ5(Tropico 5)』無料体験エディションを6月25日より配信すると発表しました。あわせて、記念プレゼントキャンペーンやダウンロードコンテンツの配信情報も伝えられています。

この度PlayStation Storeを通して配信される『トロピコ5』無料体験版では、キャンペーンモードとサンドボックスモードをプレイ出来ます。キャンペーンではチュートリアルと序盤のミッション2種、サンドボックスでは人口制限付きの島で自由に発展させることが可能です。なお、ゲーム進行度のセーブとマルチプレイモードは体験版コンテンツに含まれていません。体験版ダウンロードユーザーは、日本語版/オンライン配信版『トロピコ5』購入価格が1,000円オフとなるキャンペーンも利用出来ます。
カバル RMT

3DS『モンスターハンター クロス』2015年冬発売!「狩技」と「狩猟スタイル」でアクション変化

カプコンは、5月31日に開催したオフラインイベント「モンスターハンター ハンターの集い2015」にて、3DS新作ソフト『モンスターハンター クロス』を発表しました。

『モンスターハンター クロス』は、モンスターハンターの新たな魅力を創造すべく、シリーズで培ったノウハウや、今だからこそ出来る新しさをクロスさせた完全新規のハンティングアクションです。



特にハンターのアクションが大きく変化しており、武器アクションの可能性を広げる「狩技」と、個性的なハンティングが選べる4種類の「狩猟スタイル」をクロス(掛け合わせる)させる事で、“爽快なアクション”や“自分だけのハンティング”を生み出す事が可能になりました。

◆狩技
狩技 スラッシュアックス


一撃で大きなダメージをモンスターに与えるもの、自らに驚異的な力を与えるもの、周囲を癒す技など選んだ“狩技”で、ハンターの可能性が大きく広がります。また“狩技”が加わることで、派手でかつ気持ちのいいアクションを実現。それらを視覚的に感じる演出効果にも注目です。

Wii U用F2Pタイトル『Project TREASURE(仮称)』映像初公開―4人協力お宝探し!

任天堂は、本日放送した「Nintendo Direct 2015.5.31」において、Wii U用DLソフト『Project TREASURE(仮称)』を発表しました。

本作は、バンダイナムコエンターテインメントが手がけるフリートゥースタート(基本プレイ無料)形式のタイトル。仲間たちと協力し、最大4人で隠されたお宝を求め遺跡に挑むといった内容になっています。

今回は、発表と同時に初公開となる映像も登場しています。協力プレイで展開されるさまざまなアクションで、ゾンビやミイラなどの敵と戦っている様子が収録されているほか、仕掛けられたトラップを解除する場面なども見ることができます。

なお、『Project TREASURE(仮称)』の発売日などは未定となっており、2015年夏に続報が発表されるとのこと。
DQ10 RMT