多くの同志達が集まったことで,町の発展に微妙な狂いが……

筆者も含め,前回のαテストを経験している人ならば,共通の目的である「町の発展」のために,このβテストで自分が一体何をすればいいかは,ある程度把握できていただろう。クリティカ RMT
 その一方で,今回初めて参加したという人には,この不可解とも思える世界にいきなり入ってきて,何をすべきか掴めないまま3時間を過ごしてしまった人も多かったのではないだろうか。プレイの概要は公式サイトに記されていたものの,すでにゲームをプレイ済みのαテスト参加者とは,ゲームの基本における知識に大きな差があり,それによって一部の人がプレイにストレスを感じてしまう自体が発生し,Twitterのハッシュタグ「#トゥモローチルドレン」でも,そのことについてのつぶやきが散見されていた。