人気RPGに新展開?BioWareプロデューサーがタクティクス版『Dragon Age』に興味

BioWareのエグゼクティブプロデューサーMark Darrah氏より、ファンタジーRPGシリーズ『Dragon Age(ドラゴンエイジ)』フランチャイズの新たな可能性を示すアンケート結果が披露されました。

『Dragon Age: Origins』『Dragon Age II』で知られるDarrah氏が切り出したアンケートは「皆さんはタクティクス版『Dragon Age』を遊んでみたいですか?」といった内容で、システムとしては『XCOM』や『ファイアーエムブレム』に代表されるターンベース戦略RPGを想定しているとのこと。全体の49%が「Yes!」に投票し、多くの『Dragon Age』ファンがシリーズのポテンシャルを活かす新機軸に興味を見せています。

『仁王』新登場人物「立花宗茂」「立花ぎん千代」公開、新たなステージのスクリーンショットも

コーエーテクモゲームスは、PS4『仁王』のゲーム新情報を公開しています。

『仁王』は、「戦国死にゲー」と呼べる緊張感が特徴のダーク戦国アクションRPGです。緊張感と達成感が得られる「真剣」勝負を体験できるタイトルとなっており、金髪のサムライ「ウィリアム」が戦いを繰り広げます。

今回は、新たな登場人物「立花宗茂」「立花ぎん千代」や、新ステージ、新妖怪などが明らかになっています。

MSフィル・スペンサー氏、日本訪問にご満悦―「多くの開発者がScorpioに興味津々」

MicrosoftのXbox部門代表フィル・スペンサー氏はTwitterを通し、日本訪問に関するコメントを投稿しました。

2月中旬より来日の予定を明かしていたスペンサー氏ですが、今回の日本への訪問は「良き旅」になったとのこと。詳細は明かせないとのことですが、多くのゲームデベロッパーがXbox Oneおよび「Project Scorpio」に興味を持ち、多くの新作ゲームのプレビューに成功したとツイートしています。

スペンサー氏は日本訪問前、「サードパーティーのパブリッシャーと会う」と告げながら、ユーザー達がJRPGリリースを待ち望んでいることを認識している旨をツイートしていました。また、これまでに「Project Scorpio」の目新しい情報は伝えられていませんが、E3 2017ブリーフィングの発表の際には「Project Scorpio」にまつわる新情報を示すイメージが披露されていました。