【E3 2015】『ダークソウル3』では“剣戟アクション”が進化!新武器も判明

先日発表されたばかりの『ダークソウル3』のプレゼンテーションが「E3 2015」にて実施されました。このプレゼンテーションでは、フロム・ソフトウェアの宮崎英高氏解説のもと、実機によるプレイが行われました。本稿ではそのレポートをお届けします。

◆終末の世界で描かれる“枯れた美しさ”



これまでの『ダークソウル』シリーズはPS3/Xbox 360でも発売されてきましたが、『ダークソウル3』はPS4/Xbox One/PCのみに。これにより今まで以上に立体的なマップを表現することが可能となり、風や火の粉を始めとした環境の動的表現にも力が入れられています。そのうえで描かれるのが“終末の世界”です。

これは単純に“暗い”といことではなく、“枯れた美しさ”を表現するという意味です。実際のゲームプレイを見てみると、道端には太陽や早贄に祈りを捧げる亡者の姿あり、空中には灰が舞っていました。



ストーリーとしては、「薪の王」と「薪の王を殺す者」による英雄譚が描かれます。因みに映像の最後に登場する巨人のシーンが“薪の王の復活”を意味しているそうです。

なお、本作では明確な拠点が存在し、マップの繋がりは初代『ダークソウル』や『ブラッドボーン』に近いシステムに。もちろん篝火間の移動も可能です。

◆ACTとロールプレイングの両面で「剣戟アクション」が進化



さて、ここからは「剣戟アクション」についてお伝えしましょう。『ダークソウル3』では、“アクションゲームとしての『ダークソウル』”、そして“ロールプレイング”としての『ダークソウル』”という2つのテーマをもとに剣戟アクションが進化。アイテムの使い道についてもより深堀されており、敵に対してプレイヤーが全力で挑めるような設計になっているそうです。

■新アクションの追加
具体的には、それぞれの武器に新アクションが追加されます。最初に紹介されたのは「ロングソード」で、新たに「構え」というアクションを追加。長剣の良さを活かした「盾崩し」など、「構え」状態から2種類の攻撃を繰り出すことができるようになりました。

続いて紹介されたのが「グレートソード」。こちらに追加されるのは「ふみこみ」というアクションで、隙は大きいものの“肉を切らせて骨を絶つ”という感覚で強力な攻撃を繰り出すことができます。宮崎氏によると、イメージは「ベルセルク」のガッツだそうです。

また大きく変わった武器として「ショートボウ」も紹介されました。変更点としては、ローリングやステップといったアクションを行いながら攻撃できるようになり、これまではパラメーターの違いしかなかった「ロングボウ」と差別化。こちらのイメージは「ロード・オブ・ザ・リング」のレゴラスとのこと。リネージュ2

なお、今回は紹介されませんでしたが、魔法にも同じ概念が追加されます。

■新武器も登場
そして新武器「シミター」の登場も明かされました。「シミター」は両手持ちにすると二刀流になるユニークな武器で、「構え」や「ふみこみ」同様に「回転」という固有のアクションを使うことができます。二刀流かつ回転ということで、非常にスピーディーな攻撃を繰り出します。

■その他の調整
この他にも、移動・攻撃・回避といったアクションのスピードが速くなっており、より直感的に動けるように。デスペナルティに関しては本作用にリファインが予定されていますが、HP管理の部分は過去作から継承されます。

「バイオハザード0 HDリマスター」オリジナル版からブラッシュアップされた要素が公開。「アレンジ操作

カプコンは,同社が2016年初頭に発売を予定しているサバイバルホラー「バイオハザード0 HDリマスター」(PC / PS4 / PS3 / Xbox 360 / Xbox One)の最新情報を公開した。

 “洋館事件”が発生したバイオハザードシリーズ1作めの前日譚が描かれる本作だが,今回はHDリマスター版でブラッシュアップされた要素がピックアップされている。まず目玉となるのは,“プレイ環境のHD化”だ。

 2002年に発売されたオリジナル版は,4:3のディスプレイで遊ぶことを前提に作られた作品だったが,今回のHDリマスター版では,その名のとおり16:9の画面比率で楽しめるようにアップスケーリングされてる。さらに,テクスチャも高解像度化されたことにより,バイオハザード 0の世界をオリジナル版よりも美しいグラフィックスで堪能できるのも嬉しいポイントだ。

バイオハザード0 HDリマスター
オリジナル版
バイオハザード0 HDリマスター
HDリマスター版

 また,ストーリーや登場キャラクターといったゲーム概要のほか,サウンドの5.1ch化や,入力したキーの方向へ直接キャラクターが動く「アレンジ操作」の追加といった見逃せない要素もあるので,合わせて紹介していこう。

「バイオハザード0 HDリマスター」公式サイト
全ての出発点“洋館事件”。更にその始まりが描かれる- 『バイオハザード0』

2002年3月、第1作「バイオハザード」のリメイク作品として『biohazard』が発売された。さまざまなアイデアと驚異的なグラフィックで再構築された『biohazard』はその圧倒的な”恐怖”から第1作を凌ぐほどの高い評価を受けた。 そして同年11月、完全新作として発売されたのがオリジナル版『biohazard 0(バイオハザード0)』である。

『biohazard』と対を成すかのようなストーリーに加え、プリレンダリングと呼ばれる技術を用いたグラフィックは、 さらに精緻さを極め、その時代の他作品を圧倒する恐怖体験をプレイヤーにもたらした。 加えて、二人の主人公を交互に切り替えることにより謎を解き明かしていく新たな遊びにも挑戦し、その後のシリーズ作品にも大きな影響を与えた一作となった。DQ10 RMT
そして2016年、『biohazard 0』は新たな技術で『biohazard 0 HD REMASTER(バイオハザード0 HDリマスター)』として現代に甦る。当時の水準を凌駕したグラフィックは更に高精細化され、今の時代も色褪せることなく、 新たな恐怖の感情を呼び起こす。さらに現代のプレイ環境に合わせ、ワイド画面への対応やアレンジ操作の搭載なども行われている。
シリーズの出発点である「洋館事件」。そして、その始まりが描かれる『biohazard 0 HD REMASTER』。 秘められた恐怖と謎はあなた自身の眼で確かめて欲しい。