“反日疑惑”の8.6秒バズーカーが安倍首相主催「花見出席」のウラ事情

2015年4月18日、安倍晋三総理(60)が主催する「桜を見る会」が新宿御苑で開催された。例年、1万人前後の著名人が招待される催しだが、今年はその意外な顔合わせが物議を醸しているようだ。

「政策が違うから会わないのは幼稚」
 まずは、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光(49)。3月29日放送のラジオ番組『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)内で、米軍基地の辺野古移設をめぐり翁長雄志沖縄県知事(64)に会おうとしない安倍総理を「バカ野郎」と発言. RO
これを受けて、一部の“ネトウヨ”からは不快を示す書き込みが集まり、左翼的なイメージがついていた太田だったが、バカ呼ばわりした首相の宴に堂々参加。翌日放送の同番組では「政策が違うからって会わないっていうのは、あまりにも幼稚」と弁解したものの、安倍首相と並んで舌を出したおどけた表情の写真が公開されて、太田の節操の無さにネット上では批判の声が出ている。