PS4/PC版「ゴーストリコン ワイルドランズ」日本語版オープンベータが本日より実施!WEB限定の特

ユービーアイソフトは、2017年3月9日に発売を予定している「ゴーストリコン ワイルドランズ」の日本語版オープンベータを、本日2月24日よりPS4/PC版向けに開始した。

オープンベータでは、21のエリアのうち2つのエリア「イタクァ」と「モンテュヨック」の2つのエリアがプレイ可能になり、ソロプレイとオンライン協力プレイの両方が楽しめる。
またオープンベータをプレイしたユーザーが、2017年3月31日までに製品版をプレイすると、追加ミッション“ユニダットコンスピラシー”が入手できる。
今回はオープンベータの開始に併せて、WEBでのみ見ることができる実写版の特別CMが公開されたので、チェックしよう。



■「ゴーストリコン ワイルドランズ」日本語版オープンベータ 詳細

実施日程
2017年2月24日正午頃~2月27日20時頃
機種
PS4、PC
プレイ概要
イタクァ、モンテュヨックの2つの地域がプレイ可能
ソロ、マルチともプレイ可能
※PS4版では、マルチプレイをする場合PS+入会が必須、ソロプレイをする場合はPS+は不要
オープンベータをプレイしたユーザーが2017年3月31日までに製品版をプレイした際、追加ミッション“ユニダットコンスピラシー”が入手できます。
参加条件
インターネット接続環境と、Uplayアカウントが必要です。
プレイ中に獲得したゲームプレイの進行等は製品には引き継がれません。
PS4版での注意事項
本製品はCEROによる年齢別レーティングで「Z」を取得しております。よって本ベータテストでもCERO「Z」相当レーティングを適用し、18歳未満の方はご利用いただけません。
本ベータをご利用いただくには、お客様が18歳以上であることを確認するために、クレジットカードによる決済が必要となります。購入の際、ウォレットの残高にかかわらず、コンテンツの価格と同額がクレジットカードからウォレットにチャージ(入金)され、支払われます。
このコンテンツのご購入価格は100円(税込)です。
このコンテンツをご購入頂いた方には、ご購入価格と同額分を該当アカウントのウォレットへ、順次お戻しいたします。
PC版動作環境 必須環境
OS:MS Windows7 SP1, Windows8.1, Windows10(64bit版のみ)
CPU:Intel Core i5-2400S @2.5 GHzまたはAMD FX-4320 @4 GHz
RAM:6GB
Video card:NVIDIA GeForce GTX970/GTX1060またはAMD R9390/RX480(4GB VRAM Shader Model5.0以上)
DirectX:DirectX End-User Runtimes(June2010)
Sound:DirectX-compatible
Hard Drive:50 GB以上の空き容量
推奨環境
OS:MS Windows7 SP1, Windows8.1, Windows10(64bit版のみ)
Intel Core i7-3770@3.5 GHzまたはAMD FX-8350 @4 GHz
RAM:8GB
Video card:NVIDIA GeForce GTX970/GTX1060またはAMD R9390/RX480(4GB VRAM with Shader Model5.0以上)
DirectX:DirectX End-User Runtimes(June2010)
Sound:DirectX-compatible
Hard Drive:50 GB以上の空き容量

「フォーオナー」の公式オンライン大会開催が決定。各対戦モードに対応した「JCG フォーオナー Pla

いよいよ明日(2017年2月16日)国内発売となる,剣戟アクションゲーム「フォーオナー」(PC / PlayStation 4 / Xbox One)。ユービーアイソフトは本日(2月15日),本作の公式オンライン大会「JCG フォーオナー PlayStation 4 Open」が,2月28日より順次開催となることを発表した。その名のとおり,マイルストーンのe-Sports大会サイト「JCG」による,フォーオナーのPS4版を使用した大会だ。協賛はBenQ ZOWIE(ベンキュージャパン)とHyperX(Kingston Technology)。



※3-1 参加者に抽選でプレゼントされるオリジナルTシャツ
 JCG フォーオナー PlayStation 4 Openには,さまざまなファンが戦えるよう,1vs.1のデュエル,2vs.2のブロウル,4vs.4ドミニオン,それぞれのモードでの大会が用意されている。すべての大会で「1人でもチーム最大人数でも参加可能」となっており,1人でも2人ペアでも3人グループでも参加できる。たとえば1人でドミニオン大会に参加した場合は,大会側で4人になるようチームを斡旋するという。
 なお参加者にはフォーオナーのオリジナルTシャツを抽選でプレゼントするとのことだ。

 大会名に“Open”とあるので,JCGの大会カテゴリとしては,個人参加制かつ,誰でも気軽に参加できる初心者向けであると考えていいだろう(ソフトの発売直後なので当然といえば当然だが)。JCGの大会公式ページで参加応募が受付中なので,2月12日まで開催されたオープンβ,あるいはソフトの発売後に「いけそう」などと感じた人は,ぜひ挑戦してみよう。

《リンク:「JCG フォーオナー PlayStation 4 Open」大会公式ページ》
(http://forhonor.j-cg.com)

《リンク:「フォーオナー」公式サイト》
(http://forhonor.ubisoft.com/game/ja-JP/home/)

開催概要
大会名:
JCG フォーオナー PlayStation 4 Open

日程:
・2017年02月28日(火)
JCG For Honor Open ブロウル(2vs2)
・2017年03月11日(日)
JCG For Honor Open ドミニオン(4vs4)
・2017年03月25日(日)
JCG For Honor Open デュエル(1vs1)
・2017年04月08日(日)
JCG For Honor Open ブロウル(2vs2)
・2017年04月18日(火)
JCG For Honor Open デュエル(1vs1)
・2017年04月29日(日)
JCG For Honor Open ドミニオン(4vs4)


その後も継続して開催していきます

ゲームタイトル:
フォーオナー PlayStation 4版

内容:
全大会について、一人でもチーム最大人数でも参加可能な大会を開催します。
1人でドミニオン大会に参加した場合、大会側で4人になるようチームを斡旋します。
また、2人ペアや3人グループでも参加可能です。
■スクリーンショット









―――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/305/G030583/20170215026/
→画像、ムービーなどがすべてある完全版です
―――――――――――――――――
関連タイトル:
・PS4 フォーオナー
・ フォーオナー
・ フォーオナー

―――――――――――――――――
(C)2016 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. The For Honor logo, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.
―――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2017 Aetas, Inc. All rights reserved.

Android 誕生日配信で50万ハート超え!いちにゃんに迫る!【LINE LIVERの素顔】

2016年12月に選出された、LINE LIVE OF THE YEAR特別賞に輝いた「いちにゃん」は、ほぼ毎日、LINE LIVEで配信をしている女性。明日(2月8日)からGame Deetsのゲーム配信を担当するいちにゃんに、単独インタビューをして配信ではわからない素顔に迫った。
LINE LIVEで見つけた「いちにゃん」って?

「お酒が大好きな東北の大学生です」と自己紹介するいちにゃんは、2016年12月に選出された、LINE LIVE OF THE YEAR特別賞に輝いた23歳の女性。

ほぼ毎日、LINE LIVEで配信をしており、23歳の誕生日を記念して行われた配信では、60分間の配信で50万ハート超えを記録するなど、人気急上昇中の配信者だ。

1月30日に誕生日を記念して行われた配信では、視聴者2,000人超え、ハート50万超えを記録する人気配信者。この配信後にフォロワーが急上昇し、一気に5,000を超えた
LINE LIVEいちにゃんチャンネル
いちにゃんTwitter
いちにゃんC CHANNEL
わずか2ヵ月足らずで特別賞に

――配信を始めようと思ったきっかけはなんだったんですか?
きっかけは、「ヒマだったから」です(笑)。授業も過密ではなくって、なんかしたいなと思って配信を始めました。そんなときに、たまたま見つけたのが『takusuta』(タクスタ)っていうアプリです。
――配信デビューはLINE LIVEではなかったと?
そうですね。最初は、LINE LIVEではなく、『takusuta』でやってました。
――それはいつごろの話ですか?
2015年の夏ぐらいです。確か、『takusuta』自体が2015年7月ぐらいにサービスが始まったアプリだと思います。
『ツイキャス』は敷居が高いイメージがあったんで、新しいサービスで配信しようと思いました。
※『takusuta』は、2017年1月31にサービスを終了した。
――配信を始めたころはどんな内容だったんですか?
最初は顔を出さずに、ラジオ配信だったんです。しばらくラジオ配信をやっていたんですが、調子に乗って、顔出し配信をするようになりました(笑)。
――顔出しすることによって、視聴者の反応は変わりました?
はい、ひとことでいうと「人が来るようになりました」。その後もLINE LIVEを始めるまでは、『takusuta』で配信を続けてました。
――LINE LIVEで配信を始めたのは、いつからですか?
LINE LIVEを始めたのが、2016年10月21日からたったと思います。今回「LINE LIVE OF THE YEAR特別賞」の話をいただいたときは、「まだちょっとしかやってないのに!」と自分でもびっくりしました。

記念すべき初配信のワンシーン。当時は、LINE LIVEの仕様がわからず、悪戦苦闘している様子。アーカイブがあるので、現在も視聴可能
――LINE LIVE OF THE YEARの話はいつごろ来ました?
授賞式(12/22)の1週間前にツイッターのDMで連絡が来ました。急なお話だったので、「行けるのかな?」とあわててスケジュールを確認しました(笑)。
――今回受賞された「特別賞」はどういうものですか?
グランプリの方などは、視聴者数やハートの数できまっているみたいですが、私がいただいた特別賞は、「今後、期待される配信者」にこれからもがんばってほしいという意味を込めて、贈られたみたいです。
――takusutaとLINE LIVEを比べて、配信者から見た違いはありますか?
どっちのアプリもフィルターがあるんですよ。これは重要です!
『takusuta』もひと枠60分なので、あまり大きな違いは感じません。ただ、視聴者の層は、LINE LIVEにしてちょっと若くなったかなとは思います。

LINE LIVEには多彩なフィルターが搭載されている。配信者にとっては、これは重要な要素だと話す
――LINE LIVEで視聴者を集めるためにやってることはありますか?
基本的には、ツイッターです。最初は「ツイッターフォローしてね」的な発言は営業っぽくなってしまうので、あえてしてませんでした。
でも、やっぱりツイッターのフォロワー数は重要だと思い、LINE LIVEでの配信中にちょこちょこいうようにしてます。そのおかげで、だいぶフォロワーが増えてきています。
――これまで累積でかなりの配信をされてますが、そのモチベーションは?
そうですね、『takusuta』では500回以上やっていると思います。LINE LIVEでも100回は配信してると思います。
私自身しゃべるのが大好きだし、自分でやっていて楽しいので続けられてますね。大学卒業後、営業の仕事に就くんですが、話す仕事をしたかったこともあります。
幼稚園のころから11年間クラシックバレエをやってたんですが、同級生たちがジャズダンスに行く中、自分はこっちの方が楽しいと思って、クラシックバレエをやってましたね。今は、全然できないですけど。
――習い事はほかにもやってましたか?
小学校のときにピアノを始めました。それと、水泳も習ってましたね。クロール、背泳ぎ、平泳ぎまではよかったんですが、バタフライが苦手でした。
今は字を上手になりたいので、ボールペン字講座をがんばってます!
配信中にチラ映りするピンクの洋服
いちにゃんの背後に、ピンクの洋服がかかっているのをご存じだろうか? 実はこれ、ももクロライブ用の洋服。

いちにゃんのももクロ愛はインタビューの後半にも出てくるが、ペンライトのほかにも、タオルをたくさん持っているとか。