福山結婚で時価総額40億円減 「アミューズ」株価が大幅下落

歌手で俳優の福山雅治(46)と女優の吹石一恵(33)の電撃結婚から一夜明けた29日、福山が所属する大手芸能プロダクション「アミューズ」の株価が急落した。同社は東証1部に上場しており、看板歌手の結婚に市場が敏感に反応したようだ。

 同社株の29日の終値は4870円。前日比440円安で、今年一番となる8・3%の大幅下落。発行済み株式数が約93万株であることから、1日で時価総額が40億円以上も下がったことになる。

 この日の東京市場は全面安で、全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は63・15ポイント安の1375・52。アミューズの株安も市場全体の影響を受けたとみられるが、福山の結婚による影響は否めない。世間では“ましゃロス”に陥る女性も続出。ファンクラブ収入減など、ファン離れを予測した売り注文が入ったとみられる。

 今年6月の株主総会では、福山結婚に関する懸念の声も上がっていた。株主が「福山が体調を崩したり、結婚したら株価が下がるのでは。結婚すると言ったら会社はどうするのか」と質問した。これに対し、同社側は「株価は下がるかもしれないが、会社としては応援する。それが健全なマネジメント」などと回答。有価証券報告書では「主要アーティストの活動休止などの場合に、事業に影響が出る可能性がある」などとリスクを示しており想定の範囲内といえる。

 とはいえ、中国株の大暴落の影響を受けて東京市場が急落する中でも、右肩上がりだったアミューズ株。歌手1人の結婚が40億円を動かす事態に、インターネット上では「福山の凄さがこれでよく分かった」という声も上がっている。

 同社は28日の結婚発表も、市場への影響を考慮して取引終了後の午後3時以降に設定した。報道各社には午後3時23分に報告したが、ファンを第一に考える福山の配慮でファンクラブサイトには10分前に報告。25年間の活動を振り返り、「言うまでもなくその原動力は、何者でもない僕をいつも応援してくれたBROS.