【特集】イラストをVRや3D空間で全方位に動かせる 「Live2D Euclid」に迫る ― 2D顔

自分が描いたイラストを自由に動かす――それを一定以上のクオリティで実現しようと思えば、非常に時間がかかるか、多人数で取り組む必要がありました。

ですが技術の進歩や新たな発想により、「自分が生み出したキャラを動かす」という夢はより実現しやすいものになっています。その中でも、1枚のイラストをもとに2Dキャラクターを立体的に動かせる「Live2D Cubism」は、多くの方に衝撃と新たな表現の幅を与えました。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://kenou-blog.jp/trackback.php/lunquadi/3847


search this blog.
recent comment
category
archives
links
others