ベセスダ、E3 2016直前カンファ「Bethesda E3 Showcase」を開催へ

昨年同様、今年も様々なゲームイベントが控えていますが、6月に開催が予定されている北米最大のゲーム見本市E3 2016に向けて、Bethesda Softworksは独自カンファレンスを実施すると発表しました。
この情報を一枚のイラストと共に伝えたBethesda Softworks公式Twitterによると、カンファレンスはE3直前の6月12日午後7時(日本時間で6月13日午前11時)より、米国ロサンゼルスにて実施予定とのこと。現段階でストリーム配信先などは明示されていないので、詳細については続報を待ちましょう。尚、同カンファレンス向けのハッシュタグは#BE3となるようです。

ピザ屋の事件を探る…『Five Nights at Freddy's』ファンメイドビデオシリーズ開始

「Five Nights at Freddy's Series」はゲームの舞台であった“Freddy Fazbear's Pizza”が閉鎖し、廃墟となって約20年数年が経過した2015年に設定。オーナーは90年代後半にこの建物で何が起きたかを明らかにするため、2人の調査員を送り込みます。ファーストエピソードでは建物に足を踏みれた調査員、Jamesに襲いかかる恐怖が描かれています。

制作にはSource Filmmakerを使用しています。アニメーション、カメラワーク、ライティングなど、あらゆる点が非常にハイクオリティで、思わず見入ってしまいます。途中で分岐が入るのも面白いですね。果たして物語は今後どのような展開を迎えるのか、エピソード2の公開に期待です。

ケイブ、98年名作STG『弾銃フィーバロン』のPS4移植を発表

ケイブは、4月29日に開催した「ケイブ祭りが大運動会 ~汗と涙とブルマ~」にて、PS4版『弾銃フィーバロン』を発表しました。

PS4への移植はエムツーが担当し、2016年冬の配信を予定。タイムアタックモードや通常モードにスコアランキングが実装されるほか、特定ステージごとのランキング、サイボーグ兵士所得数などのランキング、初めて本作をプレイするユーザー向けの各種サポート機能も用意される予定です。

なお、『弾銃フィーバロン』は1998年にリリースされた縦シューで、アーケード版の稼動から18年が経過。撃つ・避ける・稼ぐがウリになっており、STG原点の爽快感を体験できる作品になっています。

FCの名作『スターラスター』、UnityエンジンでファンメイドのVR版制作が進行中!

1985年末に当時のナムコよりリリースされた、FCの名作3Dフライトシューティング『スターラスター』。今でも根強いファンを持つ同作の、ファンメイドのVR版制作が進行中しているようです。

『スターラスター』は、当時としてはまさに革新的な、FCにおける3次元戦闘を疑似3D視点を用いて実現しており、更にはリアルタイムの戦略ストラテジー要素も含む非常に野心的な作品。その独特のゲーム性は今でも根強いファンを持っています。また、本作はバンダイナムコゲームスの『UGSFシリーズ』作品の一つで、度々後の作品にもメカ類などが出演しているのを見ることができます。

ハリウッド映画版『アンチャーテッド』は2017年撮影開始―「ストレンジャー・シングス」監督語る

海外メディアの報道より、かねてから注目されているハリウッド映画版『アンチャーテッド』の製作状況にまつわる新たなディレクターコメントが伝えられています。

映画版『アンチャーテッド』のメガホンを取るショーン・レヴィ監督はColliderのインタビューに応じながら、同作の製作に関して「来年から着手することに本当にワクワクしている」とコメント。「2016年3月以前から撮影開始することはない」と述べながら、春の終わりから初夏にかけて撮影をスタートすることが目標であると語りました。

ショーン・レヴィ監督はこのプロジェクトへ長らく抱いていた関心を表しつつ、「インディー・ジョーンズ」でも「ナショナル・トレジャー」でもない特別な作品になると強調。映画版『アンチャーテッド』はネイサン・ドレイクのキャラクター性に支えられた内容になると述べました。

製作が遅れに遅れてしまっている今作は、2016年秋の時点で「2017年6月30日」公開予定としていましたが、現段階での正式な公開スケジュールは未定。多くのゲーマーを熱くさせた『アンチャーテッド』、そして「ストレンジャー・シングス」などを手掛けてきたショーン・レヴィ監督の動向には今後も大きな注目が集まりそうです。

PS4用HDリマスター『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』海外で6月発

Activisionは、『クラッシュ・バンディクー』シリーズ旧作3本を収録するPS4用HDリマスター作品『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』のリリース日程を海外向けに発表しました。

米国向けPlayStation.Blogによれば、『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』は海外で6月30日にも発売予定。『クラッシュ・バンディクー』『クラッシュ・バンディクー2 コルテックスの逆襲!』『クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周』のリマスターを収録し、Skylanders Imaginationエンジンでの再構築やオリジナル版/他シリーズ出演声優からの新録ボイスなどを取り入れていることが明かされています。

『Crash Bandicoot N. Sane Trilogy』に搭載される新機能などについては伝えられていないものの、一部海外メディアではタイムトライアルやセーブ仕様の向上などが期待されている模様。予てから期待視されていた『クラッシュ』の新たな動きは今後も目が離せないものとなるでしょう。

「FFXV」、オンライン拡張パックの配信日が決定!

「オンライン拡張パック:戦友」では、「FFXV」本編13勝以降でノクトの姿が消えた世界を舞台に、「FFXV」の映像作品「KINGSGLAIVE」に登場した「王の剣」の生き残りであったプレーヤーたちが戦う物語が展開される。なおオンラインマルチプレイにはPlayStation PlusまたはXbox Liveゴールドメンバーシップへの加入が必須となっている。

 拡張パックでは最大4人の同時プレイが可能なマルチプレイクエストや、ストーリーが展開するもの、シングル専用のクエストも登場。「王の加護」と呼ばれる「ルシス王国」の歴代王から師事する人物を選び、プレーヤーに特徴をつけるシステムや専用のアビリティも登場するなど、本編とは一味違う楽しみ方ができる。またアップデートによってノクト、グラディオ、イグニス、プロンプトの4名が使用可能となる予定。

 また9月21日~24日に幕張メッセにて開催予定の東京ゲームショウ2017(TGS2017)にて本作の出展を予定。16台の試遊台を設置し、協力マルチプレイが可能。一般公開日である23日、24日にはMVPに選ばれたプレーヤーに「戦友 MVP Tシャツ」がプレゼントされる。

『ファークライ5』新トレイラー公開!開発者によるジョークを挟んだ解説も

ユービーアイは、gamescom 2017でも公開された『ファークライ5(Far Cry 5)』の新トレイラーを公開しました。

『ファークライ5』は『ファークライ』シリーズの最新作で、アメリカのモンタナ州「ホープカウンティ」を舞台にカルト教団「エデンズ・ゲート」と戦うアクションアドベンチャーです。このトレイラーでは、開発チームのアソシエイト・プロデューサーであるフィリップ・フルニエ氏と、スクリプト・ライターのマリ・ナドル氏がゲームを字幕付きで紹介しながらプレイしています。

物質(マター)駆使するサイドスクロールアクション『MATTERFALL』国内発売決定!

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、『Resogun』を開発したHousemarqueのPS4向けサイドスクロール・シューティング新作『MATTERFALL(マターフォール)』を国内で発売すると発表しました。本作は2015年に発表されたタイトルで、プレイヤーは、物質(マター)を駆使して足場や壁などを生成してステージを進んでいきます。さらに国内向け公式サイトも開設中です。

日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

『ウィッチャー』シリーズで知られるCD PROJEKT REDは、8月下旬にドイツ・ケルンで開催される“gamescom 2017”において、基本無料対戦型カードゲーム『グウェント ウィッチャーカードゲーム(Gwent: The Witcher Card Game)』の公式トーナメントを実施すると発表しました。このトーナメントは日本人でも参加することができ、かつ賞金を獲得するチャンスのある国際大会となっています。


gamescom トーナメント詳細
gamescomトーナメントは、8/25(金)から2日間に渡り、ドイツ・ケルンgamescom会場の「グウェント」ブース(ホール8、スタンドB021)にて実施され、8/26(土)に決勝戦が行われます。往復航空運賃や宿泊費、通訳の手配等はCD PROJEKT REDが負担するため、有効なパスポートをお持ちである限り、日本人でも賞金を獲得するチャンスがあります。

トーナメントへの登録と大会ルールの確認はhttps://www.playgwent.com/tournament(英語サイト)から行えます。

トーナメントに関する日本語での補足情報は、http://bit.ly/2tzvlgB(公式フォーラム記事)より確認できます。

合計8名のプレイヤーが、総額$25,000の賞金を賭けて戦います。そのうち7名は、トーナメントに登録したプレイヤーの皆様の中から、日本時間8/1(火)23時でのゲーム内ランキング順に選ばれます(ランキングはPS4・Xbox One・PC共通です)。8人目のプレイヤーは、同会場の「グウェント」ブースで8/24(木)に行われる、オフラインの「ワイルドカード予選」の勝者となります。このトーナメントを皮切りに、イベントではより大規模な「グウェント」のeスポーツ計画が発表される予定です。

『グウェント ウィッチャーカードゲーム』トレイラー

『グウェントウィッチャーカードゲーム』とは
本作は、『ウィッチャー3ワイルドハント』のゲーム内ミニゲームとして好評を博した「グウェント」のスタンドアロン版となる、PlayStation 4・Xbox One・PC向けの基本無料カードゲーム。デッキに組み込むカードの強弱だけではなく、心理的な駆け引きが勝敗に大きく影響するルールを採用。プレイヤーは一試合最大3ラウンドを戦う。さまざまな能力を持つユニットや呪文を使いこなし、相手の裏をかいて栄冠を勝ち取れ。

国内での展開にも大きな力を入れている『グウェント ウィッチャーカードゲーム』。なお、gamescom 2017では公式トーナメントの実施に加えて、本作の最新情報も公開されるとのことです。