御神本騎手が騎手免許を失う

大井競馬の御神本訓史騎手が、6月から南関東での騎手免許を失うことになりました。

一昨年2月から昨年11月まで計14回、資格のない者を大井競馬騎手調整ルームに入れ、
3月2日から30日間の騎乗停止処分を受けています。

現免許の有効期限の5月31日までは騎乗可能。
今後、免許を再取得するには、8月1日免許か12月1日免許の試験に合格して他場へ移籍するか、
南関東の場合は来年4月1日免許の試験を受験して、合格しなければならないそうです。