win5予想1月29日

≪WIN5≫

(1レース目)京都10R

【5,6】

ウォークラウンVSロードオブザリングーの一騎打ち。



(2レース目)東京10R

【2,8】

昇級馬ミヤビフォルネーゼの末脚期待。



(3レース目)小倉11R

【3,5,11】

穴は人気薄の先行馬

ニホンピロシュラブとヤマニンボンプアン。



(4レース目)京都11R

【3,4,5】

混戦も上位人気3頭で決まり。



(5レース目)東京11R

【5,12,15】

穴は昨年の優勝馬セイクリズムンと

目イチ勝負タイセイレジェンドの前残り。

メインレース展望 1月29日

まずは、小倉メインです。
ここは、11番ヤマニンボンブアンが抜けていると見ますが、
1番人気は3番グッドルッキングに譲るようです。

そうであれば、11番が文句ナシの軸となります。
現在、単勝7番人気の11.6倍、複勝でも3.6倍ついています。
1200M戦は、2-1-1-1、小倉芝は、1-1-0-0と
いう成績も軸には文句ナシの実績です。


次に、京都メインです。こちらは、今のところ、昨年の
覇者ショウリュウムーンが1番人気でドナウブルーが
なんと2番人気です。

このようなオッズ構成なら、狙いは文句なしに
5番コスモネモシンとなります。

実際に、カシオペアステークスではショウリュウムーンに
先着しています。京都実績も、マイル実績も特筆するべき
ものはありませんが、冬場のレースは、2-0-1-2と
比較的に得意としています。
そんな馬が3番人気なら、絶好の狙い目です。


最後に東京メインです。ここは、穴を探すのが難しい
レースのように感じます。ダノンカモンは3着は外さ
ないと思うので、14番ティアップワイルドと

12番セイクリムズンの2点で的中できるのではないか
とみています。
穴の出番はあっても、ヒラボクワイルドぐらいではないかと思います。

メインレース展望 1月28日

まずは、小倉メインです。ここは1000万クラスの
ハンデ戦で、16頭立、どう見ても荒れそうな番組です。

狙い馬も難しいのですが、リリーファイアーを狙いたい
と思います。

この馬にとって、小倉のダート1700Mというのは競馬
がしやすいのか、わざわざ連闘でここに出てきました。

前走は、楽勝しており、前に行って、自分の競馬が出来れば、
ここでも勝負になるのではないかとみています。
オッズは読めませんが、軸ならこの馬と見ます。


次に東京メイン、白富士ステークスです。オープン特別という
番組ですが、ペルーサやセイクリッドバレーなど重賞で活躍

した馬もおり、ヤングアットハートやエーブチェアマンのように、
今年、重賞に挑戦した馬もおり、面白い一戦となりそうです。

地力ではペルーサが上だと思いますが、いかんせん、アテにし
辛い馬であるので、ここは他の狙い馬を探します。

上記で挙げたメンバーに地力は劣ると思いますが、ペースが速く
なれば、突っ込んでくると期待できる穴馬としてスノークラシャー

を推します。この馬は、東京競馬場なら、3-2-4-2と11回
走って9回、馬券に絡んでいます。絡まなかった2回が

直近の2回という点は気になりますが、かなりの人気薄になること
を見越し、3着候補としてあげておきます。


最後は、京都メイン、シルクロードステークスです。
ここは、実績上位のエーシンヴァーゴウと昇り馬ロードカナロアの
一騎打ちという見立てで仕方ないと思われます。

両馬とも、京都競馬場では、連を外した経験がなく、やや間隔が
あいているとはいえ、今回のメンバーであれば、複勝圏は外さない
と思われ、ワイド1点で大丈夫と見ます。


「ウマセン」に今年の根岸Sはお任せください。

メリットその1
・全特別レースの買い目を半永久的に無料でお届け!
    ~~~~~~~~~~~~~~
メリットその2
・週2回(金・土)のメルマガももちろん無料で利用可能!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メリットその3
・買い目まで完全指南!

詳しくはコチラまで

大魔神佐々木のマジンプロスパー

明日は、京都競馬場のメインレース、シルクロードSに
マジンプロスパーが出てきます。

最近、ちょくちょく、「マジン」という名前の付く馬を見かける
と思うのですが、大体、「マジン」と付いている馬の馬主さんは、

横浜ベイスターズで活躍され、シアトルマリナーズでも、抑え
(クローザー)を経験している、佐々木主浩さんなんです。

佐々木氏が現在、所有している馬は4頭、このうちの1頭が
マジンプロスパーで、もう一頭の有力馬は、3歳牝馬のクラシック

路線に乗ってくる可能性のあるヴィルシーナです。
所有馬4頭のうち、2頭に夢があるなんて、凄く恵まれた状態

だなあと思います。
マジンプロスパーは、今回は、ロードカナロアがいるので、勝ては

しないと見ていますが、ここでいい勝負ができるようであれば、
2012年中には、G3ぐらいの重賞を勝てる可能性が出てくると

思います。もちろんヴィルシーナも、フラワーカップ、フローラS、
この当たりの重賞で勝ち負けできる可能性があり、佐々木氏も、

「今年は、JRAで重賞をゲット」と期待を寄せていることだと思います。
話は変わりますが、佐々木氏の今の奥さんは、元タレントの

榎本加奈子さんです。私は、個人的に好きなタレントでした。
すごくすごくマイナーなのですが、とんねるずの木梨憲武が

主演した小市民ケーンというドラマにも出ていました。
シルクロードS-マジンプロスパー-佐々木主浩-榎本加奈子と連想し、

榎本加奈子さんのオフィシャルブログというのをはじめて、閲覧しました。
相変わらず、美しいです。佐々木氏とも仲むつまじい感じですね。

前妻のお子さん二人とは難しい問題があるのかも知れませんが、
彼女自身は幸せそうに見えました。幼稚園に通うお子さんには、仮面

ライダーフォーゼのキャラ弁を作ってあげているみたいです。
ちなみに私の息子の弁当は、アンパンマンシリーズの顔にしてもらって
いるようです。

佐々木氏と榎本さんのところの子供と違い、海外にたびたび連れて行って
あげるということはできませんが、子供に幸せを感じてもらえるよう、

親として頑張らねばと思っています。
そのためには、少しでも馬券でプラスを・・・と思いながら、
簡単にはいきません。

最後にこれは蛇足になりますが、ロードカナロアは、絶対的な軸と
誰もが見ていると思います。

この「カナ」は、実は、榎本”加奈”子さんを暗示するサインである、
榎本加奈子さんの亭主である佐々木主浩氏の所有馬、マジンプロスパーを
馬券の相手に選ぶ・・・なんて展開は、どうでしょうか?

「ウマセン」に今年の根岸Sはお任せください。

メリットその1
・全特別レースの買い目を半永久的に無料でお届け!
    ~~~~~~~~~~~~~~
メリットその2
・週2回(金・土)のメルマガももちろん無料で利用可能!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
メリットその3
・買い目まで完全指南!

詳しくはコチラまで

騎手時代には、ミホノブルボンの小島貞博調教師が死亡。

今日は非常に残念なニュースを取り上げたいと思います。
それは、小島貞博調教師の死亡です。

死因は、自殺ではないかとみられているようです。
小島貞博氏は元騎手で、騎手時代には、ミホノブルボン、

タヤスツヨシでダービーを勝ち、チョウカイキャロルで
オークスも勝った経験のある騎手でした。

ミホノブルボンという馬は、ちょうど、私が就職する1年前
のスターホースでした。父マグニチュードという、とても地味な

血統で、クラシック2冠を取るような活躍など誰もが予想して
いなかったという馬でした。当時の戸山調教師が皐月賞、

ダービーを勝ち、菊花賞に挑む前に、「ミホノブルボンは
菊の3000Mなど走りたくないと思うが、調教師のエゴ、三冠馬

にさせてあげたいから菊に出走させる」と言っていたのが印象的です。
血統は地味であったミホノブルボンは、戸山調教師による坂路で

のスパルタ調教で力を付けた馬の典型として取り上げられることも多く、
私が好きな馬の1頭でもあります。

さて、小島調教師の話に戻りますが、自殺の原因は厩舎経営に悩ん
でいたのではないかと憶測されているようです。調教師ともなると、

調教助手や厩務員などを抱え、ひとつの会社の社長というような面が
あるのでしょうね。私も本当に小さな会社ですが、会社役員の端くれ

として、人を雇い、給料を払い続けることの精神的負担を、少しは理解
しているつもりです。

それでも、自殺までは考えたことはありません。おそらくは、日々、
将来不安というものと戦っていたのだと思われます。

10年前ではめったに耳にしなかった調教師の廃業という話も最近は、
よく聞く話になりました。

調教師という商売を続けるのも、最近ではかなりの負担になるのでしょうね。
小島氏はまだ60歳でした。精神的なストレスから解放されて、天国では、

笑顔になっているのでしょうか。ご冥福をお祈りいたします。

WIN5予想 1月22日

前回、配当は低いですがWIN5を的中致しました。

では、下記に予想致します。


≪WIN5≫

(1レース目)中山10R

【1,2,4,8】

穴は重馬場得意レインスティックと上積大ジャズピアノ。



(2レース目)京都10R

【5,8】

タガノラヴキセキVSシャイニーホークの一騎打ち。



(3レース目)小倉11R

【1,2,5,6,7,10,11】

難解なレースでWIN5攻略のカギ。人気薄の一発を期待。

穴は逃げる2頭。ヒットザターゲットとワンダームシャ。



(4レース目)中山11R

【3,4】

ルーラーシップに勝つ可能性があるのはナカヤマナイト。



(5レース目)京都11R

【15】

締めは充実一途エスポワールシチーの1点勝負。

メインレース展望 1月22日

まずは小倉メインです。ここは人気が割れそうです。
エドノヤマト、リフトザウィングス、サトノパンサー
あたりが人気になるのでしょうか。

ぼくの軸はヒットザターゲットとします。現在単勝20倍
以上のオッズになっていますが、2000Mは、2-0-2-0
と馬券圏内をはずしていません。

今週の坂路での動きも悪くなく、このオッズなら
穴軸として絶好のねらい目と見ました。


次が中山メインです。ここは、先週のトゥザグローリーと
同じでダントツ人気でもルーラーシップには逆らえないと見ます。
ただ、これだけでは面白くないので、枠連1点3-7も、

お勧めしておきます。ゲシュタルトはオールカマーでいい走りを
していますし、リッツィースターは前走でアルゼンチン共和国を

勝つトレイルブレイザーに競り勝っています。
この2頭が入る7枠は強力で現時点で4.6倍なら妙味あり
と見ます。


最後が京都メインです。ここもエスポワールシチーの
複勝圏は揺るがない印象です。

次の人気がアドマイヤロイヤルが人気になっています。
この馬、非常に複勝率が高い馬です。徐々に成長して、

G1出走を目論むとすれば、最低でも2着には
入りたいと考えているのでしょう。

そうするとこの2頭のワイド1点は、オッズ2倍台
でも買いといえるのではないかと思います。

メインレース展望 1月21日

まずは小倉メインです。ここは11頭と頭数は少ないですが、ハンデ戦でも
あり難しいですね。こういうときは、小倉適正と1800M適正をチェックします。

その結果、やや穴寄りの軸としたいのは、6番メイショウナルトです。
この馬は昇級初戦から2番人気、次も3番人気に押されながら惨敗し、
休養していました。

今回が休養明け初戦となるのですが、前回の休養明けも同じようなパターンで逃げ切り勝ちしました。今回もどうなるか分かりませんが、抜けた人気にはならないだろうから、今回はオッズ妙味もあるかもしれないので、軸で狙いたいです。


次が中山メインです。ダート1800Mのハンデ戦で16頭立。常識的に見れば、ハンデ1位、2位のゴールデンチケットとグリッターウィングの力が上位に見えます。

しかし、いずれも当てにできるタイプではないので、穴寄りの馬を探します。

狙いたい馬が1頭見つかりました。9番リコリスです。この馬は昇級初戦に
なりますが、中山ダートは、1-3-0-0と連を外しておらず、1800M戦も、

1-3-0-1と得意にしています。騎手も成長著しい田辺であり、さほど人気に
ならないと予想されるここは軸で狙いたいところです。


最後が京都メインです。ここは武豊騎乗のメイショウマシュウが一番人気になるのでしょうか?
それとも前走1600万クラスで馬券に絡んでいるセイカプリコーン、

トシギャングスターが1番人気になるのでしょうか?いずれもある程度の人気には
なるでしょうから、それ以外の馬で狙い馬を探します。ぼくの趣味に合う狙い馬がいましたので、これを軸で狙います。3番のキョウエイカルラです。

この馬不思議なのですが、馬券に絡む、馬券に絡まないという順番の戦績になっています。

前走は京都スマイルプレミアムで4番人気で8着と馬券圏内を外しています。順番でいくと、今回は馬券に絡む順番です。意外性のある小牧騎手でもあり、さほど人気にならないのなら、地力はあるこの馬を軸で狙いたいと思います。

今週の出馬表では、すごく珍しいものを見つけました。

今週末の出走馬が確定しましたね。
今週の出馬表では、すごく珍しいものを見つけました。

それは、特別レースが5頭立で行われるというレースです。
土曜日の京都9レースの若駒ステークスです。

このレースは、ワールドエースが出走と
なっているため、何頭かが回避し結局5頭立で
行われることになったようです。

このレースで、私が注目したのは、
出走5頭の馬主さんです。

栄進堂、サンデーレーシング、名古屋友豊、
杉澤光雄、土井肇(敬称略)です。

この5名の中で、杉澤さんは、所有馬6頭と
いう零細規模の馬主さん、そして、名古屋友豊さん

も、所有馬14頭という零細規模の馬主さんです。
名古屋友豊さんは、2012年は、ここまで

3頭が走って獲得した賞金合計は、110万円
です。ここで、この若駒ステークスの賞金を見て

みると、1着1900万円、2着760万円、
3着480万円、4着290万円、5着190万円

となっており、所有馬が無事にレースを終了すれば、
最下位でも、190万円という賞金がもらえる計算が

立ちます。私が名古屋友豊さんであれば、
クリスマスマーベル号よ、今回は全然、無理をしなく

ていい。直線に入ってムチなどとんでもない、無事に
完走してくれれば、十分だよと考えると思います。

杉澤さんの考えは微妙なところがあると思います。
おそらく、杉澤さんにとってのゼロスはかなり期待

している馬であり、カネスラファールに次ぐ、稼ぎ馬に
なってほしいと考えている可能性もあるし、一方では、

こんなところで無理はせず、将来は1000万クラスや
準オープンクラスで、できるだけ多く(回数)走って、

賞金と出走手当を稼いできてほしいと考えている
可能性もあります。

というように、今回は5頭立ということで、私でも、
馬主サイドからの視点での分析が曲がりなりにもできてし

まいました。杉澤さんの考えが後者、すなわち、ゼロスには長く、
健康に活躍してほしいというものであれば、このレース、

クリスマスマーベルとゼロスは無理をしてこないはずなので、
3連複は、1点、つまり、ワールドエース-ヤマニンファラオ-

エーシングングンで取ることができる可能性が高いのではないか?
と見ました。さて、的中するでしょうか?

私が今回行ったような分析を、多頭数のレースでも行い、かつ、
馬主視点からだけではなく調教師の視点、両面からできる方が、

おそらく実在しているのだろうと想像します。
そういう方に、素人が馬券で太刀打ちするのは、

簡単なことではないのかも知れませんね。
今日の日記が、少しでも、今後の皆さんの馬券戦略の
お役に立てば、幸いです。

もうすぐ当たりそうなWIN5予想の予想です。

前回もWIN4止まりで、これで3週連続WIN4でした・・・。

方向性は合っていると思いますので、

当たるまでこのまま貫き通します。


≪WIN5≫

(1レース目)中山10R

【1,4,5,14】

まずは、上位人気4頭で決まり。



(2レース目)京都10R

【2】

前走負けて強しのサウンドオブハートの1点勝負。



(3レース目)小倉11R

【1,2,3,5,7,8,10,14,15,16】

穴は共に休み明けのサンライズモールとアイファーソング。

大穴はこちらも共に前走1着のカスガとサンヴァンサン。



(4レース目)中山11R

【5,7,8】

手の内に入れた横典レッドシャンクスの一発期待。



(5レース目)京都11R

【3】

締めは実力馬トゥザグローリーの1点勝負。

メインレース展望 1月15日中山・京都・小倉

まずは小倉メインです。ここはエーシンビートロンとトミケンヒーロー
が1,2番人気になっていますね。しかし、力はトップハンデとは言え、

2番タガノジンガロが明らかに上です。そんな馬が、現時点で、単勝
4番人気の8.3倍とくれば、この馬を軸にするしかありません。

この馬、1700M戦は、なんと4-6-0-2という成績で、12回走って10回連対しています。今回も格好悪い競馬はしないでしょう。


次に、中山メインです。現時点のオッズを見ますと、朝日杯FSの2着馬
マイネルロブストがなんと単勝4~5番人気という評価にしかなっていま
せん。

確かにホープフルステークスは、今回と同じ中山2000Mという舞台とはいえ、レースのレベルは全く違います。札幌2歳ステークスでも、1,2着馬と接戦を演じており、2000Mは初めてでも、このオッズであれば、
軸として狙いです。


最後が京都メインです。ここはトゥザグローリーの力が抜けているのは間違いなく、相手探しの一戦と考えてよいと思います。

他に食指を伸ばしたくなるような力を秘めた穴馬もおらず、面白くないですが、トゥザグローリーの1着付馬券を買う以外の戦術が浮かびません。

メインレース展望 1月14日中山・京都・小倉

14日のメインレース情報です。

まずは中山メインです。ここは中途半端なメンバー
だなという印象を受けます。

人気はどの馬が背負うのでしょうか?
コスモセンサーが1番人気になるのでしょうか。

ここは、個人的に力はあると評価している
11番ヒットジャポットを軸で狙いたいと

思います。中山は、4回走って1-1-0-2、
マイル戦も4-2-1-2とともに、よい成績です。

鳴尾記念での5着も評価できるため、
軸には最適と判断します。



次が、小倉メインです。ここも難しそうなメンバーです。
本当は、10倍シャイニーホークを狙いたかったのですが、

デムーロ騎乗ということで力以上の人気となり、
沈むというのは避けたいですので、別の軸馬を探します。

面白い馬がいました。8番のアルーリングライフです。
この馬、エーシンヴァーゴウにも勝ったことがある馬で、

1000万でも勝ち経験があります。しかし、最近、
冴えない成績なので、それほど人気にはならないと思います。

今回のメンバーならどれが来てもおかしくないと見えますので、
思い切って軸で狙いたいと思います。



最後に京都メインです。ここは良いメンバーが
そろった印象です。

最近の勢いを加味して、3番アルゴリズムが
1番人気になるのでしょうか?

しかし、安藤騎乗の16番1400M戦で、
今回のメンバーなら格好悪い競馬はできないでしょう。

個人的には、ワイド1点、3-16勝負で
よいかなとみています。

残りの相手としては、自分の形に持ち込めば
しぶとい12番ケイアイテンジンになるでしょうか。

メインレース情報 1月9日

9日のメインレース情報です。

まずは中山メインです。重賞ですが、人気が割れています。
ここは、力がありながら、中山芝1600の大外枠ということで、
それほど人気のない、チェリーメドゥーサを軸で狙いたいと思います。

騎手も田辺でよい感じです。前走で下したモエレフルールは、オープン
特別で1番人気に押され、3着しており、そういう比較からも、今の
単勝11倍台というオッズは妙味ありです。


次が、京都メインです。ここは、例年荒れそうなレースなのですが、
今年は強い馬が強いレースをする可能性があると見ています。

私の見立ては、1番ワイルドラッシュと、11番ドリームバレンチノが
抜けているとみており、この2頭のワイドは、10倍ぐらいつく可能性
があります。

マイニング順位も1位、2位であり、人気が集中しなければ、おいしい
馬券になる可能性があります。

1月8日(日)WIN5情報です。

8日のWIN5情報です。

前回は大穴を的中したのですが惜しくもWIN4止まりでした…。

これで2週連続WIN4です。そろそろ当たりが来そうな予感!

≪WIN5≫

(1レース目)京都9R

【2】

上積みが大きいロードオブザリングの1点勝負。



(2レース目)中山10R

【1,2,5,8,10,11,12】

ここが難解なレース。穴は中山二千以上で実績が

あるフェニコーンと冬場走るウォークラウン。



(3レース目)京都10R

【4,5】

アナバティックVSマルカボルトの一騎打ち。



(4レース目)中山11R

【5,6,7】

1発期待は共に前走1着で54キロの軽ハンデが

魅力のゼンノベラーノとエベレストオー。



(5レース目)京都11R

【7,9,11】

最後は上位人気3頭の三つ巴。

メインレース展望

まずは中山メイン、ジャニュアリーステークスです。
ここは、1番人気にはなると思いますが、5番ティアップワイルドで

仕方ないと見ています。とにかく、この馬の近走を見てもらえばわかる
と思いますが、馬券に絡んでいないのは、1400ばかりで、

ダート1200に限定すると、ほとんど馬券に絡んでいます。
ここはトップハンデの57.5キロというのはきついですが、

この馬の力を考慮すると仕方ないといえると思います。
堅軸として、評価します。


次が、京都メイン、シンザン記念です。ここはオリービンが
1番人気になりそうですね。

しかし、小牧騎手の1番人気、積極的に買いたくはありません。
昨年のこの時期の京都は圧倒的に内枠の馬が活躍していました。

ですので、今年もそういう流れに期待して、人気もさほどない
であろう1番グラーネを軸で狙いたいです。

往年の名手武豊騎乗でもあります。今週の坂路での動きも悪くなく、
内で脚をためて、直線、内側から切れ込んでくるという展開に
期待して、軸馬に指名します。

昨日行われた東西金杯を振り返りたいと思います。

本日は、昨日行われた東西金杯を振り返りたいと思います。

まずは、中山金杯ですが、1番人気に押されたアドマイヤコスモスが
不幸にもレース中の骨折で、最下位に終わりました。私は、故障が
なければ、やはりこの馬が勝っていたと考えています。そういう私の

馬券は、当然、外れとなりました。競馬は結果が全てですので、これは
受け入れざるを得ない事実なのですが、読者の皆様に注意していただきた

いことがあります。それは、この中山金杯を、アドマイヤコスモスを外して
的中させた有料情報の販売業者がいたとしたら、その的中は偶然によって

もたらされた可能性があり、今後も、今回のようにうまく的中する情報を
配信し続けてくれるか否かは慎重に判断する必要があるということです。

競馬はまぐれで的中し、大きく儲かることはありますが、まぐれが長続き
して、長期間でもトータルで勝てるほど甘いものではありません。



次に、京都金杯ですが、こちらも1番人気に押されたサダムパテックが
5着に沈みました。ただ、こちらは運が悪かったというよりは力を発揮して

の5着だったと言えると思います。前にいた馬もとらえられず、後ろからきた
ダノンシャークにも差されているわけですので、単勝2.7倍は、やや過剰

人気だったと評価できるのだと思います。こちらのレースを的中させた有料
情報の販売業者がいたとして、サダムパテック絡みの馬券を押さえに回して

いたとしたら、なかなか鋭い予想をしたと評価できると思います。とは言え、
長期間トータルでよい収支を実現できるかどうかは、1レースだけでは判断
できません。

最後に、アドマイヤコスモスとともに、気の毒だったのが、松岡騎手。
故障から復帰して間もないというこのタイミングで、京都金杯を制して、幸先

のよいスタートを切りましたが、なんと次のレースで落馬によって骨折・・・
1年健康であれば、100勝を意識できるレベルにいるだけに残念です。

1月5日WIN5情報

5日のWIN5情報です。


≪WIN5≫

(1レース目)京都9R

【14,16】

サイオンVSシルクシュナイダーの一騎打ち。



(2レース目)中山10R

【5】

前走好内容のデイトユアドリームの1点勝負。



(3レース目)京都10R

【2,7,10,12】

穴は軽ハンデが魅力のピエナファンタスト。

大穴は逃げるゴールデンハンド。



(4レース目)中山11R

【5,6,11,12,13】

ここが難解なレース。上位人気5頭で勝負。



(5レース目)京都11R

【4,7,10】

持ち時計が光るマイネルクラリマの1発期待。

東西金杯の展望

まずは、中山メイン、金杯です。
こちらは、破竹の連勝をしているアドマイヤコスモスには
逆らえないと見ます。この馬は、父馬も母馬もアドマイヤで、
産駒にもアドマイヤの名前が付けられており、いわば、

アドマイヤの夢が走っていると言うような馬です。しかも、
成績はほぼ、完璧と言える内容で、前走も、メンバーが弱か
ったとは言え、初重賞を楽に制しています。

悪くとも、連は外さないと見ており、軸はこの馬しかいない
と見ています。


次は、京都メイン金杯です。
こちらも、サダムパテックが1番人気を背負って出走してきます。
しかし、アドマイヤコスモスと比較すれば、こちらは波乱があっても
おかしくないように感じますので、別の穴馬を探したいと思います。

オッズを考慮すると、13番ライブコンサートを軸で狙いたいところです。
昨年の京都金杯も3着しています。今年は、最近、惨敗が続いており、

前走のマイルチャンピオンシップも内枠が有利な状態の中、4番枠から
10着なので誉められた内容ではありませんが、もとから、ここが狙い

だったという可能性もあります。京都の芝は、2-0-3-3と複勝率
62.5%の馬が、単勝9番人気、単オッズ33倍なら、妙味十分と
見て、軸に指名したいと思います。