ステイゴールド産駒の活躍

競馬の祭典ダービーが終了しました。
結果的には、皐月賞馬オルフェーブルの完勝で3冠へ王手をかけました。
私がクラシックの2戦を見た印象では、現在のオープン馬で、菊の舞台
でオルフェーブルを倒す雰囲気を感じる馬はいません。

昨年のビッグウィークやソングオブウィンドのように、これから夏場に
かけて成長してくる馬の中で、長距離適性のある馬なら、3冠阻止の
可能性もあるかと思います。

しかし、種牡馬としてのステイゴールドは目を見張る活躍をしていますねえ。
代表産駒はいずれも、母オリエンタルアートのドリームジャーニーと
オルフェーブルですが、それ以外でもナカヤマフェスタ、ナカヤマナイト、
フェイトフルウォー、シルクメビウスなどの活躍馬を輩出しています。

種付頭数を考えれば、相当な活躍割合と言えると思います。
ちなみに、オルフェーブルの母、オリエンタルアートの今年デビュー予定の産駒は、
ディープインパクト産駒の牝馬です。そして、来年デビュー予定の産駒は、
ステイゴールド産駒の牡馬です。

つまりは、ドリームジャーニー、オルフェーブルの全弟です。デビューからずっと
人気を背負うことになると思いますが、兄2頭ほどの活躍ができるかどうかとなると、
それは不明です。

サラブレッドは血統が重要とはいえ、血統が全てではなく、偶然の要素も
たくさんあります。それがまた、競馬の面白いところでもあります。

オルフェーブルは、ジャパンカップ、有馬記念あたりで、強い4歳世代、
ヴィクトワールピサ、トゥザグローリー、ルーラーシップと好勝負を展開できるだけの
力をつけて、日本の競馬業界を盛り上げてほしいですね。

日本ダービー 穴馬展望

本当に狙いたい馬はデボネアだったのですが、なんと前日段階で単8.5倍の
4番人気、こんな人気で狙う馬ではありません。

自分が週中に注目馬として挙げた馬の中で最も人気のないベルシャザールを
狙い馬とします。元々、皐月賞でも本命級の扱いをした馬です。

キングカメハメハ産駒の2400M戦の戦績はよくなく、皐月賞も惨敗と
言える内容だったので、この人気も仕方ないのかと思いますが、馬場が

悪いダービーにおいて、皐月賞で惨敗した、皐月賞時人気馬が、巻き返し
たダービーとして、ロジユニヴァースとリーチザクラウンがワンツーを

飾ったレースが挙げられますが、そのレースと同じような形で、今回の
ベルシャザールは狙いと言えると見ています。

できれば、馬体重はプラス4キロ以上で出てきてほしいところです。

金鯱賞展望

金鯱賞です。

ここはいいメンバーがそろいましたね。友道厩舎で外国人騎手が
乗っている2頭に関しては、人気先行となっていると見たいですね。

最後の直線が平たんなコースの芝2000M戦と来れば、オッズは
さほど付かなくても、キャプテントゥーレ、アーネストリー、
ルーラーシップ、この3頭の能力が上だと見ます。

ということで、馬連ボックス3点買いと、3連複1点買い、
このレースはそんなとことで、特段、狙いたい穴馬はいませんね。

WIN5で史上最高の1億4685万円。

オークスは、ようやく荒れましたねえ。
天皇賞春以来の波乱となりました。

個人的には馬券を取ることができたので、よかったです。
しかし、エアグルーヴの娘は明らかに過剰人気でした。

ホエールキャプチャは、出遅れながら、2着と僅差の
3着ですから、やはり力はあるなと感じました。

今週はいよいよダービーですね。常識的には、1番人気が
オルフェーブル、2番人気がサダムパテックとなるのでしょう。

オークスのエリンコートとピュアブリーゼのように、クラシック
路線以外から馬が上位に入れば、波乱となると思います。

それより、今週はやはり、WIN5の話ですかね。全ての対象レース
で1番人気が飛び、払い戻しは史上最高の1億4685万円。
この額になるとやはり宝くじレベルですね。

こういう馬券を取った方、今後はどうなっていくんでしょう。
WIN5を買い続けるのでしょうか?

私自身はまだ1回しか買ったことがなく、成績はさっぱりでしたが、
また、いつか挑戦したいと思っています。

オークス穴馬です。

オークス穴馬です。ここは週中にも触れましたように、
1番ハブルバブルを狙います。桜花賞は出走にこぎつける

のに苦労しましたが、今回は、桜花賞から、ゆっくりと間隔
をあけることができました。

騎手もウイリアムス、上積みはそれほどないと思いますが、
最短コースを走り、直線でちょっと差すような展開で、
3着以内となることを期待したいところです。

メイステークス展望

土曜日の東京メイン展望です。ここはダイワファルコンがダントツ
人気となりそうですね。でも、これ狙いでは面白くないので、

地力上位ながら人気のないオペラブラーボを狙います。
長期休養明けをひとたたきされて、体調UPを見込みます。

騎手の後藤も悪くありません。本当の狙いは、3週後の
エプソムカップという可能性がありますが、そこで狙うと
なると妙味はそれほどないでしょう。

妙味があるとすれば、今回です。単オッズは、30倍ぐらい
になるでしょうか?

ダイワファルコン以外は、かなり混戦と見られ、
それなら、このぐらいのオッズの馬が面白そうです。

WIN5を攻略したい。

昨日はヴィクトリアマイルが行われましたが、2強と言われた馬が
ワンツー、そして、3着も3番人気というガチガチの結果でした。


牝馬限定のマイルG1で、こんなにも堅い結果になるのかと驚いています。
桜花賞、NHKマイルカップもそうでしたが、今年の春のG1、穴党にとっ
ては、厳しい結果が続いています。


これとともに、昨日の驚きだったのは、WIN5の払い戻しです。
対象5レースの勝ち馬は京都10Rエアラフォン(1番人気)、


東京10Rニシノヴァンクール(5番人気)、新潟11Rナイアード
(2番人気)、京都11Rトーホウドルチェ(6番人気)、東京11R


アパパネ(2番人気)とけっして大荒れではなかったのですが、
的中票数はわずか102票で、払い戻しは763万円。


発売が始まった当初は、2億円を当てようとなると、単勝10番人気ぐらい
を複数当てないと厳しいかと思っていましたが、今回の結果をみると、
まんざらそうでもなさそうです。


5レースのうち、1,2,3番人気までで決着しそうなレースを3個ぐらい選び、人気馬が頼りないと思われるレースで、4,5,6番人気ぐらいを指定して、的中さえすれば、そこそこの配当をゲットすることができそうです。


今後、優良サイトも悪徳サイトも、このWIN5をネタに商売ないし詐欺を
しようとするのでしょうけど、当たれば大きいけど、やはり、そう簡単に
は当てられないのでしょうね。


ぼくも資金的な余裕が出れば、また、買いたいと思っています。

ヴィクトリアマイルの展望です。

ここは皆さん、2強と見ていると思います。
そして、ぼくの見立ても2強です。

こんなレースでは残りの1頭に食い込む穴馬を探すのは効率が悪いので、
思い切って、ワイド1点13-16勝負でよいのではないかと思います。
敢えて、もう1頭を挙げるとすれば、8番カウアイレーンになります。

この馬、東京新聞杯の際も、狙い馬として挙げましたけど、その時はぼくの期待を裏切ってくれました。

今回は牝馬限定戦、単50倍を超えるようなオッズが付くのであれば、複勝で狙えると見ます。

京王杯スプリングカップ展望です。

東京11レース 京王杯スプリングカップ

ここも難しいメンバー構成です。
どう見てもすんなり収まりそうにありません。

ここは、どれが来てもおかしくないとみて、
5番ストロングリターンを狙います。

この馬、東京コースは、3-2-1-2と高い複勝率を誇っています。
前走は準オープンながら、トップハンデを克服して勝っています。

騎手が内田騎手から石橋騎手に代わる点を嫌う方々もいて、オッズ妙味はさらにでそうです。

5番枠で、追込脚質となると、直線、詰まってしまうというリスクはありますが、直線を向くまでは、最短距離を走り、脚をためて、直線で外に持ち出し、爆発という展開が期待できると見ます。

ヴィクトリアマイルは荒れるのか?

今週のビッグニュースと言えば、いつもなら福島競馬を開催して
いる6,7月に中山競馬が開催されることになったことと、
内田騎手が大井で骨折してしまったことでしょうか?


個人的にはこの2つより、武豊騎手が宝塚記念では
ローズキングダムを下されてしまうというニュース


の方に興味がわきました。ローズが結果を出せなか
ったのは騎手のせいなんでしょうか。


個人的には、馬の成長力が問題なのかなと感じております。
武豊騎手には意地を見せてほしいと思っています。


さて、今週も週末競馬のメンバーが決まりました。
ヴィクトリアマイルは、2強が順当に出走してきました。


今年のメンバーであれば、明らかに2頭が抜けているよう
に見えますが、春のG1は、荒れそうなレースが堅く収まって


いるので、ここは、2頭で堅そうに見えて、荒れるという
可能性もありますね。


ぼくはやはり、荒れる結果に期待しています。
京王杯スプリングカップは、これまた難しそうな
メンバーになっています。


どこからでも入れそうですが、簡単に的中できるとは
思えないメンバー構成です。

今週はヴィクトリアマイル

先週のG1、NHKマイルカップは、あれだけオッズが
割れていたにも関わらず、1番人気、2番人気、
3番人気の決着となりました。

桜花賞同様、私にとっては思ってもみない結果でした。
当然、個人馬券は外れました。

折しも、名種牡馬サクラバクシンオーがこの世を去った
週末に、たむけとなる産駒のG1制覇となりました。

私はサイン否定派ですが、サイン肯定派の方は、
こういうことがあるから、辞められないのでしょうね。

話は変わりますが、ウォッカが、殿堂馬入りという
ニュースが飛び込んできましたね。

2008年のディープインパクト以来だそうです。
ウォッカのレースで個人的に一番印象に残っている
のは、やはりダービー制覇ですね。

天皇賞制覇は、エアグルーヴが成し遂げましたし、
ジャパンカップでも、ヒシアマゾン、

ファビラスラフィンやエアグルーヴ
などが牝馬として、2着に善戦していることが
ありましたので。

しかし、牝馬で皐月、ダービー、菊花に出走して、
そこそこいい勝負をした馬というのを私は見たこと
がありませんでした。

そんな中、ウォッカなど来るはずがないって思っていました。
そんな中のダービー制覇だったので、驚きでした。

今、思えば、エアグルーヴに始まり、ウォッカ、
ダイワスカーレット、ブエナビスタに続く、古馬王道路線に
おいて、互角に戦うことばできる牝馬の出現も、さほど

珍しいことではないようになりましたが、エアグルーヴが
出現する前は、古馬王道路線に、牝馬が出てくるだけで、
迷わず消し・・・でよい時代が長く続きました。

今年も、ヴィクトリアマイルと、オークスという牝馬G1の
連続開催が迫ってきました。

ヴィクトリアマイルは、アパパネとブエナビスタの2強対決
という構図ですが、オークスは、2400M戦ということもあり、
思わぬ伏兵の出現に期待しています。

しかし、こちらも、結果的には、桜花賞や、NHKマイルカップと
同様、桜花賞上位による結果となり、穴党にはつまらない結果と
なるかも知れません。

いずれにせよ、私の予想は、妙味ある穴馬を探すことに注力する
というスタンスで変わりません。

NHKマイルカップは8番プレイがおすすめ。

東京メインのNHKマイルカップ推奨馬です。

グランプリボスはもう少し人気を集めるかと思っていたのですが、
5倍を少し切る程度になりそうですね。

ここは前から狙っていた馬が2頭いました。リアルインパクトと
プレイです。しかし、リアルインパクトはかなり人気サイドに

なっていますので、人気と実力のバランスを加味して、
狙い馬は、8番プレイとします。

この馬は前に付けられるタイプであり、かつ、直線急坂の
ある中山2000Mの弥生賞でも、サダムパテックとそれほど
差のない競馬をしています。

今回は、距離短縮で出走してくるというパターンで、見込オッズ
が単15倍程度であるなら、絶好の狙い目です。
この馬、なぜか人気にならない馬ですね。

たまには地方競馬もいいもんです。

このメルマガの読者のほとんどは、中央競馬をなさるという方
だと思います。
地方競馬をおやりになる方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?


ぼくはそれほどやりませんが、ゴールデンウィーク中はなぜか手を
出してしまいます。昨日のダイオライト記念、今日のかきつばた記念、
いずれも参戦し、明日も園田の兵庫チャンピオンシップに参戦予定です。


でも、中央とは違い、いつもいつも研究しているわけではないので、
簡単には当たりませんね。


中央での芝レースなどを見ていると、力があれば、直線を向いてから追い上げ、勝ちきるというパターンがありますが、地方の場合、よほどの力差がな

い限り、直線を向いて、悪くても、3,4番手にいないと差し切るまではいかないという感じです。


一応、地方競馬に関する新聞や各種データなどを見て、脚質を予想して、
前に付ける馬を選んでいるつもりなのですが、新聞や各種データもその
正確性では中央に劣るのか、それほどアテにならないことが多いように感じます。


やはり、人間、自分の得意分野で勝負しないといけない。
そのように感じます。

さて、中央では今週末にNHKマイルカップが行われます。
このレースも例年、ええ?


と思うような馬が絡むことがありますね。コイウタが勝ったりしてますからねえ。

エルコンドルパサー、クロフネ、ディープスカイ、キングカメハメハなど、


後に名馬となる馬も輩出していますが、ぼく個人の印象としては荒れるというイメージがあります。メンバーを見ると、大混戦という感じですね。


おそらく1番人気の馬でも、単5倍はつくような形になるのではないかと思います。

穴党としては楽しみです。早々と狙い馬を挙げておきますと、リアルインパクトとプレイですね。どちらも、単で10倍は超えると想定しての狙いです。