メジロ牧場解散か??

みなさん、おはようございます。

先日の日記で、メジロマックイーンが今後、G1馬を排出する
ことはないだろうと書きました。そして、本日、メジロ牧場が
解散の方向で動いているとの記事が掲載されました。


そうなると、メジロブライトが今後、G1馬を排出する可能性も
ゼロに近くなったと言えるでしょうね。


以下の記事は、zakzakよりの引用です。

名門オーナー牧場の灯が消える-。史上初の牝馬3冠を達成した
メジロラモーヌなど数々のGI馬を生産、所有してきた有限会社

メジロ牧場(北海道虻田郡洞爺湖町)が、5月下旬までに解散す
ることがわかった。


同牧場の岩崎伸道専務が26日、本紙の取材に対して「解散の方向
で動いていることは間違いありません」と認めたもの。原因について、

岩崎専務は「成績不振と、競走馬の賞金で牧場を運営していくこと
に限界を感じたためです。まだ借金もありませんし、誰にも迷惑を

かけないきれいな形で解散しようということになりました」とコメ
ントした。

関係者によると今夏にデビューする2歳馬は大半が売却済みだが、
JRA所属の現役馬36頭や、1歳馬、繁殖牝馬の今後に関しては

未定。洞爺湖町と北海道伊達市に所有している牧場については、
「何らかの形で有効活用」(同専務)される見込み。

メジロ牧場は1967年、馬主の北野豊吉氏が北海道伊達市に設立。
吉田善哉氏の社台ファーム、和田共弘氏のシンボリ牧場と並んで

オーナーブリーダーの草分け的存在だった。開業当初から続々と
重賞ウイナーを送り出し、82年にはメジロティターンが天皇賞・秋

を制覇。91年にはティターンの産駒、メジロマックイーン
(所有名義はメジロ商事株式会社、生産は吉田堅氏)が天皇賞・春を

勝ち、祖父メジロアサマ(70年天皇賞・秋)からの「父子三代天皇賞制覇」
の偉業を達成した。86年にはメジロラモーヌが桜花賞、オークス、
エリザベス女王杯を勝ち、史上初となる牝馬3冠に輝いた。


90年代初頭にはメジロマックイーン、メジロライアン、メジロパーマーの
“同期三羽がらす”がGIを席巻、競馬ブームを牽引する存在だった。


しかし、近年は成績が低迷。GI勝利は00年朝日杯3歳S(メジロベイリー)、
重賞勝ちは06年小倉大賞典(メジロマイヤー)を最後に遠ざかり、
今年は3勝(25日現在)にとどまっていた。


メジロドーベルなど有力馬を数多く管理してきた大久保洋吉調教師は、
「2、3年前から経営が悪化しているとは聞いていた。
これも時代の流れだから仕方ないのかもしれないが、メジロの名が
消えていくのは寂しい」と肩を落としていた。


ぼく個人は群雄割拠という状態が好きで、競馬もプロ野球もそういう
状態の方が面白いと思っています。


そういうぼくにとっては、今回のニュースは、悲しいニュースです。
またまた、社台グループの占有率が上がってしまうのかという印象です。
いまどき、日本国内で社台グループの対抗勢力が台頭していくることを


期待するのは無理なのかもしれません。皐月賞で4着に入ったデボネア。
馬主はシェイクモハメド、生産者はダーレージャパン。


日本の競争馬の中で公正な競争原理が働くような状態が成立するためには、
馬主界、生産界、ともに、”クロフネ”の力に頼るしかないのでしょうかね。


ぼく自身、数十年後、競馬ができない状況というのは全く想定していません。
しかし、先日、ぼくを初めて京都競馬場の馬主席に誘ってくださった


個人馬主の方(弁護士の方)は、今のままの状態では、20頭前後という
レベルで馬を所有しようという馬主は、やっていけない、今のような状況が続けば、

競馬業界は確実に衰退し、いつの日か競馬ができなくなるであろうと、
警鐘を鳴らされていました。


この危惧が現実のものとならないよう、
競馬業界の改善努力を期待したいところです。

天皇賞制覇の連鎖はこれで途切れそうです。

牡馬クラシック第1弾の皐月賞が終わりました。
個人的には、大荒れを予想していたのですが、
意外と堅く、収まったなという印象を受けています。

しかし、オルフェーブルの勝ちっぷりは強かったですね。
まず、間違いなく、ダービーは1番人気でしょう。


父ステイゴールドが果たせなかったクラシック制覇を
その子供が果たした格好です。


これで、来年はステイゴールドの種付料が上がることでしょうね。
体の小さな馬でしたけど、種牡馬としても結果を出すあたり、


凄いですね。JRAの皐月賞CMで起用されたミホノブルボン、
個人的には大好きな馬でした。


父マグニチュード、血統はよくありませんでした。
雑草的な存在であったと言えるでしょう。


ですので、雑草魂を引き継ぐ産駒を待望したのですが、種牡馬と
しては全くと言っていいほど、結果を残せませんでした。


まあ、ビワハヤヒデ、ナリタブライアン、サクラローレルという
レベルの馬でも種牡馬としては全く結果を出せていないので、


種牡馬として成功することは、本当に難しいのだなと思い知らされます。
今週末は、春の天皇賞、天皇賞と言えば、3代制覇血統が存在していますね。


メジロアサマ-メジロティターン-メジロマックイーンです。
しかし、メジロマックイーンはこれまでに種牡馬になれるような


牡馬を出しておらず、今後も出すことはないだろうから、
天皇賞制覇の連鎖はこれで途切れそうです。


天皇賞ではありませんが、他に、G1を3代続けて勝っている
血統、分かりますか?

アンバーシャダイ-メジロライアン-メジロブライト、これもそうですね。
しかし、メジロブライトが今後、G1を勝てる産駒を排出できるのか?
多分、無理な気がします。


さらに、シンボリルドルフ-トウカイテイオー-トウカイポイント、
これも3代続いています。


しかしながら、トウカイポイントは、G1を制した時点ですでに去勢済で、
種牡馬にはなれませんでした。ということで、この血統のG1制覇も、
ここで終わるのかなあという感じです。


日本においても、相続税率が高く、莫大な土地などの資産は、3代引き継いだら、
ほぼなくなると言われています。種牡馬の血筋はどうなんですかね?


ぼくが死ぬまでに、4代、5代と、自分が現役で走っていた頃を知っている
馬が並ぶことがあるのでしょうかね?


なんとなく、ないような気がします。それぐらい、種牡馬として
成功するってことは難しい。今日の感想でした。

サダムパテックが好枠順

昨日、芸能界から訃報がありました。
元キャンディーズのスーちゃんこと、
田中好子さんが亡くなりました。

ぼくの世代でキャンディーズといえば、
ピンクレディーとならび、誰でも知っている
女性グループでした。


でも、なぜ、今の若い方々はなぜ、スーちゃん
というのかも知らない方が多いでしょうね。

答えは、好子の好が、すきとも読めるから、
スーちゃん、と呼ばれたのだそうです。

さて、競馬の話に戻ります。
残念なニュースとしては、ヴィクトワールピサが香港の

クイーンエリザベス2世カップへの出走を取りやめとするとの
ことです。出走していれば、主力の1頭として勝つチャンスが
あっただけに残念です。


次に、今週末の重賞の出走メンバーが決まりました。
また、皐月賞については、枠順も決まりました。

注目していたサダムパテックはいい枠に入ったため、
枠順での不利はなさそうです。

個人的には、オッズ次第ですが、枠連なら、6枠軸で
いいというメンバーだと思っています。

それ以外の重賞も難しそうですね。
特に福島牝馬ステークス、要らないだろうと思われる馬が
数頭しかおらず、どう考えても荒れそうです。

個人的な注目は、オウケンサクラです。今回は初めて
ブリンカーを付けて出走するようです。

力はあるだけに、人気薄なら狙ってみたいです。
フローラは、ダンスファンタジアとアドマイヤセプターが
出てきましたね。個人的な注目はマヒナとしておきます。

今週の中では最も予想しやすいと考えられる重賞が
アンタレスステークスです。

ワンダーアキュートとバーディバーディがいるので
この2頭の両方が馬券に絡まないと
いうことは想定しなくてよいように思います。

いよいよ、東京、京都開催が始まります。

みなさん、こんにちは。昨日のマイラーズカップは荒れましたねえ。
個人的には、差しが決まるような展開になると思っていたのですが、


シルポートはともかく、クレバートウショウが2着に残っていると
ころを見ると完全に前有利な流れだったんでしょうね。ちなみに、


今回のレース、上がり3Fタイムの1位はなんとスマイルジャック、
2位はリーチザクラウン、3位がアパパネでした。


1,2位はどちらかというと切れる脚があるというイメージの馬で
はないので、その点も併せて以外でした。
まあ、こんな風に阪神競馬場を振り返っても仕方ないですね。


今週末からはいよいよ、東京、京都開催が始まります。
そして、またまた、4重賞。
今まで以上に通常開催に戻ったなあという感じがすると思います。


4つの中でも注目は何と言っても皐月賞でしょう。随分前からぼくが、
サニーブライアンが勝った年のメンバーに似ており、大荒れもあるので


はないかと言っていたレースです。弥生賞覇者ということで
サダムパテックが1番人気になるんですかね。


できれば、外枠に入ってほしいところです。サダムパテックは、
フジキセキ産駒なのですが、それで思いだす皐月賞といえば、


ダイタクリーヴァです。エアシャカールとの組み合わせの馬連を
1点で取ったことを思い出します。しかし、フジキセキ産駒の


適距離というのは、やはり個人的には、2000Mよりも短い
イメージを持ちます。


ドリームパスポートのように距離をこなした馬もいないではないです。しかし、1番人気で目標にされ、東京の最後の坂を上って、1着に来られるか。


そう考えると1着に来るという馬券は、基本、要らないのではと思っています。土曜日のフローラステークスに、ダンスファンタジアは登録されていま


すが、出てくるのでしょうか?出てくれば、また、アドマイヤセプターと良血馬対決ということになります。
もし、両方が出てくれば、どちらかが沈む馬券で勝負したいと思います。

桜花賞の売上は、前年比27.3%ダウン

みなさんこんにちは、昨日、無事、今年のクラシック第1弾が終了しました。ぼくの見立てとは大きく異なり、ガチガチの結果となりました。


まさか、馬連と3連複が1番人気で決まるだなんて、思ってもみませんでした。結局、トライアル組からではトレンドハンターが3着に入っただけでした。


昔の阪神芝1600Mといえば、ポケットからスタートする特殊なコースで
よく荒れていた印象があるのですが、阪神の芝に外回りコースができて
以降は、大きく荒れることは減少した印象を受けます。


また、桜花賞の売上は、前年比27.3%ダウンの120.7億円だった
そうです。売上減が問題視されて数年がたちますが、今年は東日本
大震災の影響もあり、例年以上に落ち込みそうですね。


競馬ファンである自分としては、再来週、東京、京都開催が開始されれば、
売上も戻り、オッズ分析などが、過去と同じように行うことができる環境
となった上で馬券を買いたいですが、実際問題、競馬どころではない方
が大勢いらっしゃるのも確かなことで、震災の影響下での競馬開催は
しばらく続きそうですね。


また、開幕問題でもめにもめたプロ野球も明日、セパ同時開幕です。
野球ファンでもある自分としては、こちらも楽しみです。


病は気からといいますが、震災から立ち直るのも、気持ちからという
面があるように思います。個人的には、競馬開催の正常化、プロ野球
開幕は、前向きに受け取っています。

自動車合宿免許

今週は桜花賞です。

今週末は、いよいよクラシック第1弾、桜花賞が開催されますね。
下馬評では、ホエールキャプチャが1番人気に押されて、続くの
がライステラスという感じでしょうか?


ホエールキャプチャは、桜花賞に弱い関東馬、2着に下した
マイネイサベルで寸法を図ると、この馬はフラワーカップでは、
4着に敗れており、それほど抜けた力はないように思えます。


同じく、ライステラスもチューリップ賞2着とは言え、今回は
出走しないであろう、タガノラヴキセキとも差のない競馬しか
できていないことを考慮すると、どちらも軸馬として信頼できる
ような馬ではないように感じます。


イメージとしては、レジネッタが勝って大波乱となった年のような
イメージに近いですね。こんなレースにおける軸馬は、オッズを見る
まで決めないのがよいと思います。


ホエールキャプチャは、単8倍ぐらいになるのであれば、軸に向くと思い
ますが、おそらく、そんなオッズにはならないでしょう。


いずれにせよ、本命党にとっては、かなり難しいレース、穴党にとっては、
どこからでも狙えそうなわくわくするレース、そんな感じになると思います。


携帯電話での馬券販売もなんとかクラシックに間に合ったという感じですが、売上はやはり前年比マイナスになるでしょうね。でも、ぼくは現金とし


ての義援金ははずむことはできませんが、馬券を買うことによって、間接的に寄付を行いたいと思っています。