【TGS2015】会場で執り行われた“桝田省治の葬儀(という名のステージイベント)”をレポート

「本日はお忙しい中、故・桝田省治の生前葬にお集まりいただき、ありがとうございます」という事で、「東京ゲームショウ2015」において執り行われた、桝田省治氏の生前葬。その様子をお届けします。

◆喪主の2人によるお式がスタート

「生前葬をしたらどうなるのか」「自分の葬式が見たい」という桝田氏の願いにより、今回の葬儀はしめやかにスタート。まずはサラ役の五十嵐裕美さん、メリーアン役の松井恵理子さんお二方の「喪主」が、勇者の遺影を携え入場。イベント会場のファンに一例をすると、桝田省治氏の生前葬を執り行う旨を宣言しました。

会場からは苦笑とも言えるような忍び笑いが漏れ聞こえてきます。作品に「死生観」を盛り込む枡田氏ならではの演出、といったところでしょうか。もちろん、今作『勇者死す。』も「そういったゲーム」であるため、今回の運びになったのは間違いありません。

◆『勇者死す。』とは?

企画立案が20年前。「尖った企画」であった同作は、中々形にならなかったようで……時は流れ世も変わり、2007年より携帯ゲームとして提供されていました。内容を端的に言うと、「勇者が魔王を倒し、相討ちになるところから始まるゲーム」が『勇者死す。』です。自分が死んだら、その葬式には誰が来るのか? その人達は、自分をどう思っていたか? 自分の葬式を見たい――そんな想いと、勇者が魔王を倒した後、その世界はどうなるか? 魔王のシンパは? 世界は平和になったのか? 人々の思惑などは錯綜しているのではないか……という地点からスタートしています。今回のPS Vita版は、新規シナリオ、新規BGMとなり、メインキャラにはボイスを追加した一品です。

鎌での神殿ボス対応 グリット編

こんにちはー。大分前の更新から空いちゃいましたね。これでも忙しいんですよ!学校始まってごたごたしてます(´・ω・`)

さてさて!今回はグリットのギミック紹介&鎌の立ち回りでも考えていこうかなと!グリッドじゃないよ!
テイルズウィーバー rmt
俺も記事書く前はグリッドと思ったけど違ったよ!気を付けて!

ではギミック紹介に移ります

~基本的な流れ~
通常攻撃→デバフ(3つ)発生→雲発生→以下通常攻撃しながらデバフと雲発生(周期が違うので先に雲とかもある

では詳しい説明についてしましょう!

3種類のデバフ 不和 裏切り HP回復禁止について

グリットは通常攻撃の後に最初にデバフが飛んできます。それぞれ厄介な効果があるんですが、結論からいいます