『Destiny』企画当時のリリース計画が浮上、第4弾まで展開する本編やDLC情報も

海外メディアの報道より、『Destiny』企画当時に検討されていた開発および販売プランの一部が明かされています。

これはビデオゲームコンポーザーMartin O’Donnell氏とBungieを巡る裁判資料から明らかになったもの。2010年当時の資料内で『Destiny』は“Project Tiger”と呼ばれており、製品版第1弾が2013年9月24日、第2弾が2015年9月30日にもリリース予定と設定されていたようです。また、“Project Tiger”シリーズ最終作となる第4弾以降には“Comet 4”と呼ばれる大規模ダウンロードコンテンツが控えており、2020年のリリースが見込まれていました。

このロードマップはあくまでも2010年当時の初期計画のもの。現在は大幅にプランが変更されていますが、2014年12月には拡張パックではない「次回作」の開発が既に始動していると伝えられていました。

中攻撃以上なら大のタックルがコンボに繋げることができるため屈弱

中攻撃以上なら大のタックルがコンボに繋げることができるため屈弱P>立ち弱Pまで入れ込んでおき、ヒットしていたら「キラーストレート」につなげましょう。大タックルはダウンを奪うことができるためコンボ〆に。この2つ覚えているだけでも対戦で有効ですが、もう少し掘り下げていきます。

・立ち中P(カウンターヒット)>屈中P>大タックル

あばれ潰しなどで立ち中Pがカウンターした時に使うコンボ。単発確認が難しいため屈弱P>弱タックルで妥協してもよさそうです。

強敵とのバトルでの強い味方! スペシャルチケット登場

冒険の最中、時として強敵と出会うこともある。パーティがピンチの時に、一発逆転を狙える切り札として使える「スペシャルチケット」が登場。このチケットから召喚されたモンスターは、強力な必殺技を放ち勝利へと導いてくれる。
 PSO2 RMT

「オーバーウォッチ」ハイエンドゲームのグラフィックはここまで進化…コスプレだ!海外レイヤーによる「ト

世界中のFPSゲーマーたちから注目が集まっているBlizzard Entertainmentによる新作FPS「オーバーウォッチ」が発売。日本でも多くのユーザーがプレイに興じているようで、プレイ動画やスクリーンショットがネット上にたくさんアップされています。

そんな「オーバーウォッチ」に登場するキャラクターのなかでも、高い人気を得ている「トレーサー」「D.VA」の素晴らしいコスプレフォトが公開されていたのでご紹介しましょう。
リネージュ2 RMT

「スーパーマリオメーカー」に「ハローキティ」と「マイメロディ」が登場!

任天堂は、Wii U「スーパーマリオメーカー」において、5月27日にアップデートを実施し、「キャラマリオ」として「ハローキティ マイメロディ」を配信する。

 「ハローキティ マイメロディ」は、イベントコースのサンリオキャラクターズ「ハローキティ・マイメロディ」でゲットできる。1回のプレイで入手できるサンリオのキャラマリオは1体。
   ウェブマネー 販売